【無欲、不足、浮薄】

第186話

【無欲、不足、浮薄】


 何もしないことが

 悪ならば、

 無欲であることも

 悪ではないか。


 なにもせずに、

 あるがままを甘受し感受し、

 幸せを抱く素朴な毎日、毎晩、舞う病、毎秒。

 私のこの生き方の、いったいどこに

 不満があるというのだろうか。


 自分たちが

 できないからと云う、

 ただの嫉妬

 ではなかろうか。


***

 ――いいだろう。

 そこまで本気で思うのならば

 貴様はこのまま、そのままで

 冬に凍え、

 夏に干からび、

 春に彷徨い、

 秋に戸惑い、

 凍死し、餓死し、

 季節に怯え、

 老いを畏れ、

 抗うことなく死ねばいい。


 あるがままと、我が儘の差異。

 貴様は理解、しているか?


 私は理解、していない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます