【夜の雲はカーテン、昼の雲は満天】

第161話

【夜の雲はカーテン、昼の雲は満天】


 くもは いいなあ


 ぬくぬくの お日様に ちかく

 ぷわぷわと 青空に ねころんで

 幾何学模様を 目まぐるしく 伝う点々や

 彩色豊かな 境目のない 寛大な斑点

 それたちの上で ゆっくりと

 まったりと 見下ろして


 けれど 話では

 雲の上は 極寒で 息は苦しく

 雲の中は 風が吹き荒れ

 粒子の雨が 身体を濡らし

 頭痛が酷い と聞く


 だが

 私は 行ったことがない

 だか

 真相を しらない


 しかし

 両極端な夢を くもは

 私に 見させてくれる

 やはり


 くもは いいなあ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます