【熱を発し、生を帯びる】

第154話

【熱を発し、生を帯びる】


 小春日和の陽射しの中で

 さむいと言った君

 凍えそうな目で私を包み

 さむいと言った君


 花弁まじりの春風舞う日暮れの中で

 君を精一杯私で包みかえした

 君は呟く「あたたかい」と

 私からぬくもりだけを奪って

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます