【新緑のさざめきを頬に】

第150話

【新緑のさざめきを頬に】


 新緑のさざめきを頬に 

 誰もが立ち止まる時の隙間 

 君への想いそっと届けよう 

 かぎりある命をうたにして 

 宇宙にひとり惑うとき 傷みは 

 静かな海の浮標 

 星々の旅のはてに 

 私に似た君と 出遭うだろうか 

 少年の瞳と遊び心を持った君 

 扉の向こうにはあたらしい時間 

 八重桜咲く駅から 

 新星号に乗って 

 甘くかすれた夢を探しに行こう 

 夏の色が少し混じった春の風と 

 微小なるタナトスの戯れ 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます