【メアリーちゃん】

第114話

【メアリーちゃん】


 会話が面白いからって、

 好意を抱いてもらえるとは

 限らないんだよメアリー。


 話しの面白さと

 人間としての面白さは

 比例しないのだからね。


『laughing』

 ではなく

『interesting』

 興味が無くては好意を抱けないのさメアリー。



「そうね」とメアリーちゃんはつまらなそうに相槌を打つと、心底冷めた視線を注ぎつつ、ただし、と付け加えた。「ただし、どちらもお持ちになられないあなたには、全く関係のないお話ですけれど」

 それから、とメアリーちゃんは、いつもと変わらぬ冷淡な口調で僕に言った。「それから、私のことを呼び捨てになさらないでください。呼ぶのならどうか、メアリーさん、と『さん付け』で呼んで頂きたいです」


「わかりました……メアリーさん」

 言うと僕は、微笑むこともできずに、黙って静かに項垂れた。


 メアリーちゃん……君ってばシビアだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます