夫君殺しの女狐は今度こそ平穏無事に添い遂げたい ~再婚処女と取り憑かれ青年のあやかし婚姻譚~

作者 綾束 乙

小説の累計PV数

105,632 PV

エピソードごとの累計PV数

1 この一行を見た者は、花嫁行列ではなく葬列と思うでしょう 80 2,791 PV
2 まるで、子どもが探し求めていた玩具を見つけたかのように 72 2,029 PV
3 花嫁が怯えるさまを見たか? 67 1,978 PV
4 わたしが知らぬとでも思ったか? 66 1,895 PV
5 来てるよ。部屋に。 67 1,904 PV
6 本物の花嫁は、今、目の前にいるだろう? 68 1,873 PV
7 それは、あるはずのない花 65 1,830 PV
8 ご飯をおいしいと感じられるうちはまだ、大丈夫だ 61 1,782 PV
9 騙す気なら、昨日の時点でとんずらしてるさ 58 1,709 PV
10 アレは、駄目だ。 60 1,709 PV
11 陽だまりの少年 60 1,698 PV
12 ぎゅっと抱きしめてもいいかしら? 59 1,650 PV
13 こんなに可愛い子どもがいたら、自分の子でなくても大切にするのに 57 1,624 PV
14 手に入れたいと、夢にまで見た花だ 58 1,664 PV
15 わたくしも……、と思わずにはいられません 56 1,592 PV
16 お見せできるようなものなど、ございません 57 1,654 PV
17 暗い廊下へ、そっと踏み出す 56 1,608 PV
18 財産がどれほどのものか知りたいのだろう? 56 1,622 PV
19 黙っていられぬというのなら 56 1,657 PV
20 いくつもの、紅い花 58 1,654 PV
21 惑わせる、熱。 57 1,689 PV
22 乗ってやらぬ理由が、どこにあろう? 57 1,681 PV
23 どこの馬の骨とも知れん娼婦を娶れとは言っておらん! 58 1,667 PV
24 叶うことならば、聞いてみたいと、願う。 59 1,655 PV
25 甘い言葉で誘いをかけてみれば 58 1,622 PV
26 いつまで、見せかけの良妻を演じるつもりか 58 1,607 PV
27 今は、寂しくなんかないんだよ 60 1,612 PV
28 どうか、想う人と結ばせてやってください 56 1,604 PV
29 お前の愛らしさに免じて 55 1,585 PV
30 あなたのすべては私のもの 55 1,575 PV
31 秘められた嘘の分だけ、愛しげに 51 1,549 PV
32 涙を流す必要なんて、ない 53 1,580 PV
33 灰の中で熱を保ち続ける熾火のように 57 1,575 PV
34 旦那としていいのかよ? 54 1,608 PV
35 犯した罪の重さがわかるように 53 1,559 PV
36 ほのかに香るは梔子の 54 1,665 PV
37 どうか、わたしを殺していただきたい 57 1,663 PV
38 十六年前の邂逅 52 1,600 PV
39 ずっと、知りたいと思っていた 56 1,678 PV
40 本当に、他に方法はないのですか? 49 1,583 PV
41 何度、己の身体に刃を突き立てたことだろう 59 1,658 PV
42 今なら、まだ手放せる。 56 1,581 PV
43 俺のことが怖くないのか? 58 1,624 PV
44 罪人は、あなたではなく 61 1,655 PV
45 自分の愚かさに、反吐が出る 50 1,554 PV
46 決心を聞く前に、言っておきたいことがある 58 1,625 PV
47 殺す以外に、答えなどあるわけがないのに 53 1,529 PV
48 危険とおっしゃるのでしたら 59 1,638 PV
49 自分の身で、富を贖っているのではないか 54 1,520 PV
50 てめえ、いったい何を考えてやがる? 57 1,615 PV
51 夜が明けなければいいと 57 1,628 PV
52 狐空の願いは、たったひとつだけだ。 56 1,646 PV
53 妄執の叫びが、耳の奥で甦る 54 1,590 PV
54 地獄に再び連れ戻されて 57 1,722 PV
55 もし、あなたさえ許してくださるのなら 59 1,795 PV
56 あなたのすべてが 55 1,930 PV
57 何よりも、望んでいたこと 55 1,895 PV
58 対価は――、 60 1,732 PV
59 犯した罪を悔やんで、苦しみぬいて死になさい 57 1,700 PV
60 お前の妄執は、愛とは呼ばぬ 60 1,750 PV
61 約束を、覚えているだろう? 52 1,764 PV
62 夫君想いの奥方は今度こそ幸せに添い遂げる 90 2,201 PV