鏡層の提言

作者 李筺まどか

久遠に響く鐘の音に

  • ★★★ Excellent!!!

幻像と鏡像が溶け込む白亜。
遥か果に繋いだ鎖は朽ちて責を絶った。

私達の罪過は何か?
魂魄を砕いた『生命』が泣き咽ぶ。
顕現した感情の奔流は呪詛の如く。

私達の災禍は何か?
溷濁を抱いた『鮮鋭』が吐き叫ぶ。
伝染した洗浄の反証は紙塑の如く。

午睡を報せる鐘が鳴る。
永く遠い先から響いた調は私を乗せて。

鏡層の提言に身を投げろ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@seas0さんの他のおすすめレビュー 117