田舎暮らし

作者 菊地徳三郎

宮沢賢治ファン必見です

  • ★★★ Excellent!!!

表題通り、そしてPRにもある通り、宮沢賢治をかなり意識して書かれた作品です。
オマージュ、と評してしまっても良いのでしょうか。

主人公は宮沢賢治が大好きで、都会生まれ都会育ちの身でありながら、氏に縁のある岩手の田舎に引っ越すことを決める。
最初は美しい自然の中での暮らしに浮かれていたが、そうそう良いことばかりな訳も無く――

文体も宮沢ファンにはすっと入ってくる丁寧さ、読みやすさですし、描写の一つ一つが本当に美しい。
童話的なファンタジー要素も少し足されていて、すっかり世界観に引き込まれました。
私は「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」くらいしか知りませんが、十二分に楽しめました。
教科書くらいでしか読んだことないよ!…そんな方でも、安心して楽しめます。
勿論、真の宮沢賢治好きならきっと…。
是非。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

秋月創苑さんの他のおすすめレビュー 134