第9話 青山くんの決意

 扉を勢いよく開けて入っていったのはよかったのですが、あまりに大きい音がしたので、中にいた人が全員、黙ってこちらを見つめております。私は顔が真っ赤になって、カチコチになってしまいました。すると、一番奥から森山区長さんが、

「おお、よく来てくれた。さ、こっちに来なさい」と助け船を出すかのように私に呼び掛けてくれました。

 

 私は他の人たちの視線を避けるようにそそくさと森山さんの隣の席に座り込んだのですが、ふと気づくとそこは区長さんの隣の一番高い席で、そんなところに座ってしまったのが大変恥ずかしてく、顔を上げることもできません。


 森山区長さんはそんな私を見て少し笑いながらこんなことを話し始めました。

「皆さん、新しい仲間を紹介しましょう。先だって東京から移住してきた青山賢治くんです。深沢の奥の小屋に引っ越してきた変わり者だが、まだ若いし、皆仲良くしてやって可愛がってくれんか。ほら、青山君、君からも一言挨拶しなさい」


 区長さんにいきなり言われ、私は目を丸くして小さく首を左右に振ったのですが、区長さんは笑顔のままうなずくだけですし、集まった人たちは無言のままじっと私を見つめているので、やむにやまれずその場に立ち上がりました。

 部屋には一四、五人くらいが集まっておりましたが、みんな、静まり返って私の顔を見つめています。私はもうどうにでもなれと覚悟を決めると、唐突にしゃべりはじめました。


「あ、あの、私は、このたび、東京から移住してきました青山賢治と申します。む、昔から田舎暮らしに憧れておりまして、移住フェアのときに紹介してもらったここが大変気に入りまして移住することになりました——こ、こちらに来て、実際生活してみても大変良いところだなと本当に感激しておりまして、これからも……」

 と、そこまで言うと、突然、熊や鹿や鷹に言われたことが不意に思い出されて、言葉が途切れてしまいました。そのまま黙ったまま立ちすくんでいると、会場の人たちは厳しい目でこちらを見つめておりました。

 私は、その人たちの目をまともに見ることができず、段々と俯いてしまいました。そのうちに、ここ数日、ずっとお腹の中に溜まっていた思いが急にこみあげてきて口からぼそぼそと出てきました。


「……でも、実際に住んでみると、想像していたのと違って……田舎で生活するというのは楽しいだけではなくて、大変なことがたくさんあって……」

 私は俯きながら、蚊の鳴くような声でなんとかそこまでしゃべりましたが、悔し涙があふれそうになり、とうとう、何も言うことができなくなってしまいました。


——あんたはここが気に入ってくれたのかい――


 なんだか、どこかで聞いたことのあるような温かい声がどこからか聞こえてきました。

 はっとして横を向くと、森山区長さんが私を見ながらにっこり笑っていました。


 森山さんの顔を見つめるうちに、森の中のきらめくような木漏れ日、そよそよと流れる小川のせせらぎ、名前も分からない花々が精一杯自分の最高の姿を見せている健気な美しさ、鳥や虫たちが日々の生活の中で必死に生きている姿、風や山や石ころでさえまるで生きているように感じられる自然の豊かさ、わずかではありましたがここで感じた幸せな思いが次から次へとお腹の中にあふれてきました。すると、その思いがお腹を飛び越して、口からどんどん飛び出てきました。


「僕は、ここがとても大好きになりました。山も川も木も花も空気も全部好きなのです。田舎で暮らすことの大変さや人と一緒に協力し合うことの大事さが、僕にもようやく分かってきました。一生懸命頑張って生きていくことの大切さがようやく分かってきました。僕はこれから皆さんと一緒になんとか頑張ってここで生活したいと思っています——だから、どうぞ、どうぞ、よろしくお願いします」

私はそう言って、ばさっと頭を下げました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます