田舎暮らし

菊地徳三郎

第1話 移住フェア

 私は東京に生まれて東京で育ちましたので、田舎というものを知りません。

 

 本や映画でしか田舎を知らない私にとって、田舎というものは透き通るような青い空に綿あめのような雲が浮かび、緑の稲穂が絨毯のように広がり、田んぼを縫うように小川があって、小魚がキラキラと泳ぎ回り、山に行けばキノコやタケノコがわさわさとはえて、ぽつんと島のように浮かんだ人家の周りを虫や鳥や獣たちが自由に行き来し、自然と生き物たちの奏でるハーモニーが日ごと夜ごとに繰り返される、そんなわくわくするような、光り輝く世界なのでした。


 夏休みがくるたびに田舎に帰るんだと自慢げに話す友達が本当に羨ましくて、その頃から、大人になったら絶対に田舎に住むんだと心に決めていたのでした。

 最近では田舎暮らしをしたいという人たちのために移住フェアというものが盛んに行われているようで、ようやく大人になった私はそんなフェアの一つに、わくわくしながら向かったのでした。


 会場に行くと北は北海道から南は沖縄まで全国の自治体のブースが所狭しと並んでおります。いろんな県のブースを眺めましたが、どうやら移住先にも人気不人気があるようで、北海道や沖縄は大変な人気でブースは人でいっぱいです。

 他にも人だまりができているところがいくつかあったのですが、いちいち覗いていたら一日かけても足りるものではありません。それに本当のことを言いますと、私の心はとうに決まっていたので、広い会場の中を歩き回りながら、ある県のブースを必死に探していたのです。

 いやはや、会場の一番端っこにあったから探すのに大変苦労しました。そんなわけではないのでしょうが、その県のブースは閑古鳥が鳴いていました。私には不思議でしょうがないのですが、あまり人気がないのでしょう。


「……あの、どうぞ、こちらへ」

ブースから少し離れたところで一分ほども立ち止まってしげしげと眺めていたら、ようやく佐藤という名札をつけた担当者が意を決したように声を掛けてきました。

 どうぞどうぞと来賓でもお招きするように椅子を引いて私を座らせると、自分はそそくさと向かいの席につきました。机の上に置いてあった何枚かのパンフレットを大急ぎで片付け机の上をきれいにすると、何か安堵したように一人でうなずき、ぎこちない笑顔を浮かべて私に話しかけてきました。


「お待たせしまして、どうも、すいません。私はUターンやIターンなど地方への移住を担当しております佐藤と申します」

「あの、私は青山といいます」私もぎこちなく答えました。

「移住をお考えですか?」

「実は移住したいと思っているのです」私は思い切って伝えました。

「なるほどなるほど」

何がなるほどなのかさっぱり分かりませんが、佐藤さんは一人で頷きながら、

「どういうところをご希望ですか」と続けて聞いてきました。

「あの、私は宮沢賢治の大ファンなので、銀河鉄道の夜やセロ弾きのゴーシェに出てくるような自然に囲まれて動物たちと仲良くできる、宮沢賢治がイーハトーブと呼んだ夢のような世界に住んでみたいとつねづね思っていまして……」とそんなようなことをどうにかこうにか伝えました。


そんな私の話を佐藤さんはだいぶ長いこと目をぱちくりさせて聞いていましたが、ようやく口を開くと、

「あの~、つまりその~、わたしどもの岩手県が良いとおっしゃるわけで……」とおずおずと言いました。

「そのとおりなんです。岩手県に住みたいのです」

私は笑顔になって答えました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます