アロサウルスはまだ泣かない

作者 古川 奏

正解は無くて、「いま」がただそこにあるだけ。

  • ★★★ Excellent!!!

「いまある幸せが、偽りの上に成り立っているのかもしれない」ということを見ないふりができない、センシブルな心の持ち主の主人公。
「そうだったとしても、いま幸せなのだから楽しもう」とおおらかに包み込む相棒の少女。
どちらも自分の気持ちに正直で、どちらも自分なりに「いま」を捉えています。

もし主人公が逆だったら、どんなお話になるだろう? と思いました。
楽天的な彼女は、本当に、ポジティブなキャラクターの持ち主なのかな?
それとも、主人公と同じ気持ちを感じながら、それでも前向きに生きてるのかな?
もしかしたら、全部諦めて「いま」だけ考えることにしたのかな?

読後にこんなに考えさせられる短編は、なかなかないと思います。
素敵なお話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

小野じゅん (じゅんすた)さんの他のおすすめレビュー 170