アロサウルスはまだ泣かない

作者 古川 奏

限りある時を精一杯生きること。小さな幸せの積み重ねが、本物の幸せ。

  • ★★★ Excellent!!!

今を生きるために、別の誰かががんばってくれている。
だから私たちは限りある今を大切に生きなければならないし、そうすることが幸せであると信じなければ、誰ひとり報われない。

誰かのためにひたむきにがんばることの健気さであったり、そうした誰かのがんばりに触れることで気づく小さな幸せであったり。
この物語の中に散りばめられた『生きる』ことの強さや儚さは、作者さまからのメッセージであり、誰もが思うところのあるものだろうと私は感じました。

家族や友達と何気なく笑い合える。そんな小さな幸せの積み重ねが、本当の幸せなのかもしれません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

貴堂水樹さんの他のおすすめレビュー 152