アロサウルスはまだ泣かない

作者 古川 奏

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第三保護施設へのコメント

    お邪魔します。
    レビューをたどってこちらに来ました。とても面白い短編でした。

    作者からの返信

    読んでくださりありがとうございます。コメントいただけて嬉しいです!

    2019年8月21日 00:07

  • 第三保護施設へのコメント

    古川さん、こんにちは。
    この短編、凄いですね!
    なんかもう配置が完璧というか、キングオブ短編といいますか。こういうお話は大好きです。恐竜のいる不思議な世界で、どうもその恐竜たちは「敵」と戦っているみたい。その世界の全貌が見えないのもニクい演出ですね。いや、素晴らしい!
    いいもの読ませてもらいました!

    作者からの返信

    お褒めの言葉をいただき喜んでおります。これは幸せについて書くという自主企画に参加したもので、なかなか苦労して書きました。気に入ってもらえてよかった……泣。
    レビューもいただき、嬉しいです。ありがとうございました!

    2019年8月8日 23:21

  • 第三保護施設へのコメント

    爽やかで温かくて。でも切ない。
    すごく良いお話でした。
    今を生きようとする彼女たちの幸せが、とても愛おしかったです。

    作者からの返信

    いろんな感情を受け取ってくださったことが嬉しくて、書いてよかったなと思えました。読んでくださりありがとうございました!

    2019年7月13日 02:29

  • 第三保護施設へのコメント

    何と言いますか。凄いです。

    じりじりと迫る悲劇的な結末に、傷ついた恐竜に、傷を洗う女子高校生。どうやったらその組合せが出てくるのでしょうか。退廃的な世界で切なさと爽やかさが共存していて、とても好みです。

    瑞々しさは洗浄水から生まれているのですかね。戦場とも掛かっていて、意識的にしろ無意識にしろ、なんだか深みが感じれます。

    作者からの返信

    たくさんのお言葉をいただきとても嬉しいです。幸せを書く、というテーマの自主企画に参加したものなのですが、自分には真っ直ぐなものが書けず、こういう形になりました。気に入ってもらえたこと、とても励みになります。ありがとうございました!

    2019年7月13日 02:18

  • 第三保護施設へのコメント

    なんですか、難しいとか言いながら最高じゃないですか、幸せ!!
    少しずつ迫りくる恐怖を確認することも許されず、逃げることも許されず......それでも現実逃避とは違った強さを見せる彼女たち。すごい(語彙力)。
    すごい好きですこれ。ありがとうございます。

    作者からの返信

    ちゃんと幸せ書けてますか? よかったー! お題にそって書くというのは慣れてないのですが、いつもと違うものを書けるのでやり遂げるとすごく力になりますね。楽しかったです。ありがとうございました!

    2019年6月23日 11:33

  • 第三保護施設へのコメント

    今ある平和が崩れさるかもしれない。
    そんな現実に向き合ってる。
    恐竜が日常に溶け込んでいる様が見事です。
    女子高生と恐竜の組み合わせ、素晴らしいですね。
    面白かったです!
    やっぱり古川さんは凄いや。

    作者からの返信

    凄い?やったー! 今回改めて恐竜好きだなーと思いました。でかくて使いやすいですね笑。組み合わせでおもしろくなるものをまた探したいです。ありがとうございました!

    2019年6月23日 11:32

  • 第三保護施設へのコメント

    面白いです。続編希望です。

    作者からの返信

    そう言ってもらえて嬉しいです。続きは考えてなかったのですが、また恐竜は書きたいなと思っています。読んでくださりありがとうございました!

    2019年6月23日 11:31

  • 第三保護施設へのコメント

    恐竜と女子高校生と崩れ行く平和な世界ですか。素晴らしい。朝から素晴らしいものを読ませてもらいました。

    いつもよりも抑えた文面もイイですね。古川さんぽい尖った表現の波状攻撃がない分、危ういつかの間の幸せの貴重さが際立っていると思いました。

    私が書くのは家庭の平和。古川さんが書いたのは世界の平和。もうね、スケール感が違いすぎてね。これは傑作です。


    作者からの返信

    抑えた文面ですか? 確かにいつもよりはそうかもしれないです。笑えないものを書くのは緊張しますね、体に悪い。時々だけにします。傑作だなんてそんな褒められたら鼻血です。ありがとうございました!

    2019年6月23日 11:30

  • 第三保護施設へのコメント

    いつものごとく着眼点の素晴らしさに驚きます。
    「がんばれ。君はまた再生する」というフレーズの美しさ。

    古川さんはボールを預ければ必ずゴールを決めてくれるストライカーのようです。
    どんな題材でも瑞々しい文章力で独自の世界観を拓いていく。

    作者からの返信

    今回もちゃんとゴール決めれたでしょうか?笑 いつもの自分なら絶対選ばないお題だったのですごく苦戦したのですがなんとか形にできました。フレーズ褒めてもらえて嬉し恥ずかしです。ありがとうございました!

    2019年6月23日 11:28

  • 第三保護施設へのコメント

    こういう芯のしっかりした話を読むと、あぁ、自分も今を大切に生きなければと痛感いたします。ありがとうございます。
    余談ですが、息子(4歳)が恐竜好きでして、傷ついたアロサウルスをリアルに想像しながら読みました。いつか息子が大きくなったら読んでほしい作品です。

    作者からの返信

    息子さんが恐竜を! アロサウルスはよく知らず、名前が好きなだけで採用してしまいました笑。きっと私より貴堂さんの方がリアルに想像できてますね。素敵なレビューもいただき、感謝です。ありがとうございました!

    2019年6月23日 11:27

  • 第三保護施設へのコメント

    恐竜の傷を洗浄する女子高生。
    アンバランスな中にどこか洗練されたSF感というか、スタイリッシュな空気を感じました。
    バイト終わってドーナツ食べに行く、その日常がいつまで続くのか。読んでいるこちらも不安になりながらも、爽やかな若者たちを希望を持って見守りたいなと思いました。

    作者からの返信

    スタイリッシュ! 初めて言われました、嬉しいです。細かい設定は端折ったのですが、不安な感じが伝わってよかったです。レビューでは思いがけない点まで読み取ってくださりどきっとしました。ありがとうございました!

    2019年6月23日 11:26

  • 第三保護施設へのコメント

    本当に独特な世界観ですね。恐竜が普通に日常生活にいたり、戦闘に参加していたり……。どこかと戦争でもやっているのでしょうか?何故恐竜を戦闘に……すごく想像が膨らみます。

    そんな中、フツーに高校生してる二人が、微笑ましく写りました。怖いだろうなぁ……恐竜もいるし。面白く読ませていただきました。ありがとうございます。

    作者からの返信

    戦争してるんでしょうか、わかりませんw いろいろ想像してもらえたらいいなと思いながら書いたので背景がだいぶぼんやりですね。二人を微笑ましいと言ってもらえて嬉しいです。ありがとうございました!

    2019年6月23日 11:25

  • 第三保護施設へのコメント

    恐竜だ!すごいです。素敵な作品!ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。感動だ。

    作者からの返信

    恐竜です! もう一回やってみました。AKARIさんの期待に応えられるものになっていたらいいなと思います。Twitterでもつぶやいてもらえてきゃーっと喜びました。ありがとうございました!

    2019年6月23日 11:20