残酷な神は人

どうして生きているのか

わからないことが怖いから

納得できる「意味」を探している


命は生まれた時から死に向かって歩き出す

そこに「意味」をつけても

それは「無意味」にしかならない


どんなに足掻こうと必ず死ぬ

遅かれ早かれ皆平等に

そこにどんな「意味」があるのだろう

生きることに「意味」はない


何のために生まれたのか

愛する人に出逢うため

そうやって勝手に「理由」をつける


神という存在を創り上げて「理由」をつくる

神が人をつくった

それは妄想に過ぎない


どんなに足掻こうと必ず死ぬ

遅かれ早かれ皆平等に

神が人をつくったとしても

そこに「理由」なんかない


どんなに足掻こうと必ず死ぬ

遅かれ早かれ皆平等に

だから僕は世界にこう叫ぶ

「自由に生きて死んでやる」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます