第10話葬式

芹沢が、死んで長州、薩摩の浪人に殺された事になっていた。


「芹沢君のためにも新撰組をもっと大きな存在にならなこればならない!」


と近藤は、隊士達に言った。


山南さんが


「白々しい。」


呟いていた。


これで、実質、トップは近藤勇になった。


太郎は、一番隊の副隊長になった。 


その直後に池田屋事件が起こる。


太郎は、芹沢を刺した事がトラウマになっていた。


そんな時に途中入隊してきた吉村貫一郎に太郎は出会う。


吉村は、金のためなら何でもする男だった。


田舎侍という名が吉村にはピッタリだった。


しかし、竹刀や刀を持つと超一流の剣術の使い手だった。


いつも非番の時は他の隊士が吉原の遊郭に遊びに行くが吉村だけは八木邸に集まる子供達の遊び相手になっていた。


自然と太郎は、吉村の人格に惹かれていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます