字句の海に沈む

作者 黒中光

愛し憎まれ、そして「愛」を知る

  • ★★★ Excellent!!!

何かになりたい、そう思ったことはありますか?

彼女もそう、打ち込めるものを持っていて、それが自分を司る一部となっていた。現実という夢とは程遠い場所で、何かを抱き続けるのには苦痛を伴います。実際に彼女は虐げられていた、現実という非情さに。
しかしある日、彼女の命運を分けた分岐点が現れます。それはとても甘美で、自分の為にあるかのような呪い。現実に居場所のない彼女は手を伸ばす――。

この世界の非情さは必要なことかもしれない。しかし、それでも虐げられる者があることは悲しいこと。自分の好ましい自己表現を持つそれぞれの人へ、この作品は届くべきだ。そして触れて欲しい。現実に抗う力強さを、人間の温もりを。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

碧木 愁さんの他のおすすめレビュー 15