京都、路歩く、そして想う

作者 深水彩莉

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全38話

更新

  1. 第1話 京都、梅雨の季節
  2. 第2話 続く6月の香りと雨
  3. 第3話 烏丸の街
  4. 第4話 京都の新しい書店
  5. 第5話 お休みの日、岩倉
  6. 第6話 京都駅の大階段
  7. 第7話 近くへお引越し、京都、叡山電鉄
  8. 第8話 夏が近づいてきています
  9. 第9話 個展は刺激物
  10. 第10話 大学の終わりと夏の始まり
  11. 第11話 夏と、地元と、動物園
  12. 第12話 夏休みはまだ続くのです
  13. 第13話 台風の秋に、小さな旅を
  14. 第14話 芸術の秋が始まります
  15. 第15話 一乗寺とラーメン屋さん
  16. 第16話 秋に桜を
  17. 第17話 秋に本物の紅葉を
  18. 第18話 寒空と学園祭
  19. 第19話 学園祭終わりの色
  20. 第20話 京都特有の寒さと
  21. 第21話 京都特有の寒さと-其ノ二
  22. 第22話 クリスマスの手前に
  23. 第23話 その夜の名前はクリスマスでした
  24. 第24話 大晦日に芸術は
  25. 第25話 変わりゆくお正月
  26. 第26話 成人式の前には
  27. 第27話 一人の成人式
  28. 第28話 芸術学部と、缶コーヒー
  29. 第29話 京都、雪のような雨
  30. 第30話 雪降らずとも、底冷えの町
  31. 第31話 空から舞い落ちた真っ白な
  32. 第32話 美術展と、大学と
  33. 第33話 春の香りと記憶
  34. 第34話 一瞬の涙と、お別れの感覚
  35. 第35話 暖かい日と鉛筆のこと
  36. 第36話 京都から去りゆく人、京都へやってくる人
  37. 第37話 桜咲くか、咲かぬか
  38. 第38話 春の個展、春のお休み