大飽食時代

作者 機人レンジ

奇術のように劇的な風刺

  • ★★★ Excellent!!!

強烈な皮肉とユーモア、そして薄皮一枚下の危機感。贅沢なまでに鮮やかな風刺としてこの物語はある。

もし……だったら、という糸口から始まった話がどこに結末を見るのか、あなたの目で確かめてほしい。ユートピアかディストピアか、はたまた別の景色があるか。結論は読者に委ねられていると思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夏野けいさんの他のおすすめレビュー 117