大飽食時代

作者 機人レンジ

コミカルな食レポ、そして大スペクタクルな展開!

  • ★★★ Excellent!!!

登場人物たちのコミカルな掛け合いが楽しい!
特に、ブッシュネル氏の食レポはお腹が減ること請け合い!

「すばらしい! 芳醇な香りが口いっぱいに広がってほのかに甘みがある! 歯ごたえももっちりしていて最高だ!」

しかもこれ、意外な食材から作った料理のレポですからね。
(「食材」と呼べるのかどうかも怪しいw)

そうこうしているうちに、話は突然の大スペクタクルに!
あまりの展開に「何が起きた!?」と驚くこと間違いなし!

興味深いのは、この作品に書かれた内容のどこまでが最新の技術で、どこまでが作者様の想像なのか素人目には区別がつかないところです。
その背景に作者様の幅広い知識を感じますし、それらの膨大な知識を得るために様々な作品や記事を読んできたんだろうなと思います。圧倒的知識量!

しかも、よく見ると小難しい言葉をいっぱい使っているはずなのに、物語の内容はすんなり頭に入ってくるんです。
そう、説明がすごくうまいんです!

しかも、これだけのボリュームをきっちり一万文字以内に収めてくる技術がすごい!
(これは同作者様の作品『おかえり、愛しい人』にも同じことが言えます! なんという収納力!)

なにより面白いのが、この作品は【最初の一行とラストの一行が同じ】なんです。
でも、最初と最後では意味も違うし印象も違ってくる。
その違いを楽しむのが面白い!

そして物語の結末は……(((・Д・;)))

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ハルカさんの他のおすすめレビュー 118