紫の子

作者 南雲 皋

何故この作品がWeb小説の界隈の片隅に放置されているのか

  • ★★★ Excellent!!!

歴史に名を残している名作と呼ばれるファンタジー小説は複数あるが、それを読んだ時の感動に似たものを感じた。少なくとも私が読んできたweb小説の中ではダントツで最高傑作だと断言できる。
文章力、構成力ともにとてつもなく高い水準に居られる筆者様によって描かれた世界は、仄暗くもどこか暖かさを感じることができる。無駄に表現に凝りすぎず、しかしまったく幼稚ではない絶妙な加減の筆圧によって、いつの間にか世界へと引き摺り込まれている。
これは、ある種の魔法だろうか。
恐らく、残念なことに文学的に優れているからこそ、現在のライトノベル好きの若者には忌避されてしまうのかもしれない。言うなればファンタジー文学とでも呼ぶべき本作なのだろうが、これからの日本発ファンタジー小説のあるべき姿がきっとここにある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

友幸さんの他のおすすめレビュー 16