紫の子

作者 南雲 皋

丁寧な描写が描き出す残酷さと美しさ

  • ★★★ Excellent!!!

まず驚いたのは、地の文が非常に多いにも関わらず何の抵抗もなくこの物語に引き込まれることでした。

むしろ、会話文が最低限に抑えてあることこそが、主人公イルルクの純粋な視線を存分に描き出しているようにも思えます。

火葬人という仕事、追われる立場、出会いと別れ。イルルクの運命はあまりにも過酷で、彼の前にあるものから時に目を背けたくなるほどです。けれど、そんな彼を導くように、物語の各所にそっと添えられた奇跡の欠片が見事です。ああ、そこでこれを使うのか!と。


レビューで興奮して何を言ってるんだ、欠片もわからんぞとお思いでしょう。いや、難しいのです。とても繊細に、緻密に練り上げられたこの世界を、読んでいただかずしてお伝えするのは本当に難しい。

ですから皆様もに読んでいただきたい。わずか文庫一冊分ほど。それだけで、かつて固い表紙の児童書の世界に飛び込んだ日の、純粋な心を取り戻せます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

丁寧に織られた世界と、そこに生きる一癖も二癖もある人物たち、そして緻密に組み立てられたストーリー。ハイやローという区分がなされる前の懐かしきファンタジーを思い出させる、幻想的な物語です。
仄暗く淡々… 続きを読む

水凪 らせんさんの他のおすすめレビュー 256