紫の子

作者 南雲 皋

この作者、そんな小さな石すら使いこなすのか

  • ★★★ Excellent!!!

……という具合に、ありとあらゆるエレメントが無駄なく配置されている。

しかもただオブジェクトとして置かれて使われているだけではなくて、「あれっ? と思わせつつ、さくっと回収」――という具合である。後半になってくるとだんだん「あ、これはきっとこう使われるな」と予め見えてくるのだが、その予想すら予想されていたかのように、上手いこと他の要素とのあわせ技をかぶせてくる。一作者でもある私としても「なるほど、そうくるか」と思っていたり。

人物の書き方が素晴らしくて、テンションの上げ下げを含めて生き生きと書かれているなというようにも感じました。

いきなり技術的な話になってしまって恐縮なのだけども、人物・ギミック・小道具たちの要素と属性がはっきりとしていて、それぞれが強い意味合いを持っている作品だけに、ネタバレナシにこの物語の魅力を伝えるのが私の語彙力では難しいのですよ……。この苦悩は読んでもらえば割と早期にわかるはず……! 

個人的には某燃えてる神様と冥界のあの女史が好きです。冥界女史の人間世界探訪なんかも見てみたい(完全個人的趣味)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

丁寧に織られた世界と、そこに生きる一癖も二癖もある人物たち、そして緻密に組み立てられたストーリー。ハイやローという区分がなされる前の懐かしきファンタジーを思い出させる、幻想的な物語です。
仄暗く淡々… 続きを読む

一式鍵さんの他のおすすめレビュー 360