あたらよ空にゴシック詠え

作者 山駆ける猫

現代日本に別れを告げる間もなく

  • ★★★ Excellent!!!

現代ファンタジー、実は読むのが初めてのジャンルでした。どんな物語か気になっていましたが、想像以上に引き込まれてしまいました。ひとまず、区切りの良いところでレビューを失礼致します。

とがった個性を持つ黒音がまた良い味です。彼女にはまだまだ秘密がありそうですが、読み進めていけば解き明かされるのでしょう?それを楽しみにしています。

妖霊(いわゆる妖怪の解釈で大丈夫ですかね?)に襲われ、かつての街が見る影もなくなりこの物語は始まりました。それは突然に、現代日本に別れを告げることもできずに…

この世界がどうなってしまうのか、もとの世界に戻るのか?これからの展開が楽しみです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 ある日突然、空から発生した巨大な紫の壁により、街全体が隔絶されてしまった、天奈が暮らす矢染市。
 街には怪異があふれ、多くの命が奪われて、人々は逃げ道を閉ざされた。そんな衝撃的な状況で怪異と戦う異… 続きを読む

@kokoronohanaさんの他のおすすめレビュー 62