落ちこぼれ衛士見習いの少年。(実は)最強最悪の暗殺者。

作者 円城寺正市

49

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者さんの書かれてる通り、必殺シリーズが好きなら一読の価値あり。

玉石混淆のなろう・カクヨム界隈にあって、きちんとした日本語で書かれた至極真っ当な小説であります。

て言うか、ここまで設定や言葉遣いを江戸前に寄せるんなら作者さんにはいっそ、異世界じゃなくストレートに舞台はお江戸、主水や斬九郎やもっこり半兵衛みたいな昼行灯の凄腕おっさんを主人公にした時代小説を書いてみて欲しいです!笑