悪魔

作者 宇近太助

42

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

悪魔は、正体を暴けば消滅する。
一言書かれたハガキが国民に届けられた。
作者の作り出す特殊な空間「快楽公園」で悪魔は本当の姿を現す。
悪魔を外来種に見立てる特異性。
あたかもウイルスに感染するかのような異質な展開。非道な犯罪。
そして、作者の真骨頂、以外で恐い結末。
物語性豊かで内容には大人を感じますー。
短編でストレスなし。
評価に値する作品です。


★★★ Excellent!!!

ある日国民に届けられた差出人不明のハガキ。そこにあったのは一文だけ。

「悪魔は、正体を暴けば消滅する」

はたして悪魔と遭遇した主人公の運命は――

世の中には、けっして足を踏み入れてはいけない場所がある。けれど人はそういう場所にこそ惹かれるもの。悪魔は正体を暴けば消滅する? ほんとうにそうだろうか。

妙にリアルで、言葉にしがたい恐怖がどこからともなくこみあげてきます。いろいろ考えさせられる、奇妙で怖い物語。ぜひ読んでみてください。