山羊の降る夜にさようなら

作者 うさぎやすぽん

なんやこれほんとに、最高に心にくるやんか。

  • ★★★ Excellent!!!

 相変わらず読み終わるの遅くなってまうしレビューやのに感想書こうとしとるしなんやぼくまで関西弁になっとるしもうなんやねん。しんど。ぼくも河川敷とかで叫びたいわ。
 ほんと、うさぎやさん頑張って欲しい。ほんとに話が好きやし文体が好きやし人間が好きやねん。
 一般受けなんか知らへんわ。ぼくは面白いと思うし好きだし叫びたいねん。山羊なんて居らんのに叫びたいねん。
 なんやこれ、レビューちゃうやん。おほほ。
 でも、面白いねん、これ。山羊なんてぼくの世界にはおらんもん。でも山羊おんねん。山羊みたいなやつおんねん。ちゃう、自分が山羊みたいになることもあんねん。
 収拾つかなくなるからこの辺にしておきます。

 とにかく、面白いよ、うさぎやさんの小説。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

七条ミルさんの他のおすすめレビュー 17