目も覚めるようなシュート

作者 樹 いく

32

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今作も凄かった。読後は震えた。一瞬ゾクっときたが、すぐに感動に変わった。後で読み返した時の、冒頭の冴え渡る第一文に気づき思わずニヤッとした。


いくさんの狙い(実現したい状況)を設定とシーンに落とし込む技量と、それを心地よい読中感ある筆致に乗せて放つ表現力にいつも驚かされる。狙いをベースに物語が作られているのだと思う。私はSF要素の新鮮さもここから生まれていると見ている。
情報を明かしていくタイミングも絶妙。いくさんの作品は短編でも、読み込んで楽しめるパワーがある。

短い物語の中で、登場人物の役割が見事に作用し合っていることを見ても、主人公の決着が物語の解決とリンクしているところを見ても、考え抜いて書かれていることがわかり、安心して読み進めていける。

今回も多くのことを学ばせてもらった。