少女漫画のような恋は自作にしか夢見てませんので

作者 久里

56

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

妄想癖(?)がある女の子に訪れたリアルの恋愛模様。序盤はドキドキというよりハラハラですかね。「このあとどうなる!?この子悶え死なない!?」と恋の展開よりも主人公の女の子の身が心配になっちゃいました。

しかし、その妄想も徐々に恋と変わっていき、自身の恋愛物語へと昇華していきます。悩みながらも自分の気持ちの変化にも気付いていく。まさに恋愛。一気に恋に落ちるのではなく、少しずつ染まっていく展開がまたリアルに感じます。

恋愛って文字通り、まさに恋と愛の塊なんですよね。

★★★ Excellent!!!

学年の王子様である彼と、彼への妄想を膨らませて小説のネタにしている主人公の、まっすぐで時折ドタバタな恋愛物語。

もちろん想像力の翼をめいっぱい広げて逞しく育った妄想モノローグも楽しいですが、ときに卑屈とも思える彼女の自信のなさから来るくよくよへなへなのモノローグがとても味わい深い。「あー、分かる分かる」って感じです。

王子様の意外な素顔、美人ライバル、と王道な展開もありつつ、ストーリー上は意外なところで王道を逸れたりして、そこが物語上の魅力にもなってますね。

さらっと読めて甘酸っぱい気分に浸れる恋愛小説、オススメです!