夢奪われた劣等剣士は銀の姫の守護騎士となり悪徳貴族に叛逆する

@suito_ren

序章 目覚める意志

叛逆

 公都の地下、その奥深くには地下墳墓が眠っている。

 かつて、地上の災厄から逃れるために地下に逃げた者達の居住区であった場所だが、その後の歴史でも墓場として利用され続けてきた。


 今その地下墳墓に足を踏み入れたのは、二人の青年と一人の娘であった。


「こりゃまた随分と陰気なところだな。灯りが生きてるのが救いだが、用を済ませたらとっととおさらばしたいぜ」


 そうぼやいたのは赤い髪の寝ぼけ眼の青年・カイムである。


 そこには周囲を取り囲むように無数の渇いた骸達が壁に納められていた。棺も無く野晒しにされたそれらはとても不気味で、死と隣り合っているかのような不快感が湧いてきた。

 

「前に公都銀行から降りたところとは別のところだよね? うぅ……幽霊とか出ませんように」


 おどおどした様子で呟いたのは緑髪の娘・フィリアだ。この地下墳墓の雰囲気に怯えているのか、頭に生えた狐のような耳を後ろに倒していた。

 そうして一行が地下墳墓入口の広場を通り抜けていると、その時、甲冑を纏った骸骨兵が一行を取り囲んだ。


「ひっ、出たぁあ!?」


 フィリアは咄嗟にカイムにしがみついた。


「あ、おい、ひっつくな。首が絞ま……」


 カイムにまとわりつく腕がその首を締め上げていく。その二人の隙を突くように骸骨兵が剣を振り上げた。


「まったく、イチャイチャしないでよ二人共」


 すると青い髪の、紅眼の剣士・エルドが呆れたような口調で剣を抜いた。

 刹那――その姿が消えた。


 一瞬の間。


 そのわずかな一拍の後、閃きが奔ると、二十はいた骸骨兵の尽くが一瞬にして砕け散った。


「よし、剣が通じるね。幽霊だって、攻撃が通るならこうやって叩き潰せばいいよ」


 エルドは勇ましく述べた。


「…………」


「あれ、カイムは?」


「分からない……急に気絶しちゃって……」


「フィリアの締める力が強すぎたんだ。かわいそうに」


 エルドは、カイムの頬を引っ叩く。


「起きなよー、カイム」


 しかし、繰り返し叩いてもカイムはなかなか目覚めない。


「仕方ないか」


 エルドはもぞもぞと"顔"をカイムに近付けていった。


「エ、エルド!?」


 フィリアはそのあまりに突拍子のない行動に目を覆った。


「そ、そんなのだめだよエルド」


 フィリアは顔を覆った指の隙間からしっかりとその光景を目に焼き付ける。





(ん?)


 カイムは意識を覚醒させた。ゆっくりと状況を確認する。


(ああ、フィリアに絞め落とされたのか。あいつ意外と馬鹿力だからな)


 状況を理解するとゆっくりと目を開く。すると目の前には――


「んん!?」


 ――白い骸が口をつけていた。


「ぷはっ!? おい、エルド何をする」


「いや、起きないから」


「起きないから、じゃねえよ。人の死体使って何考えてんだ」


「カイム、勘違いしてるよ。スケルトン兵は石材とかで骸骨を模してるだけで人間の死体ってわけじゃないんだよ」


「そういう問題じゃねえよ。心の問題だよ! 心の! お前には人の心がないのか?」


「カイム、時間ないから騒ぐのはその辺にしようよ」


「おい、フィリアまで。なんで? 俺の初めてがあんなカラッカラの婆さんに奪われたんだぞ!? もしかしたら爺さんかもしれない……それとも俺がおかしいのか? はぁ……」


 カイムは目まぐるしく情緒を変化させていくと、やがてやれやれと溜め息を吐いた。


「次は俺の番だからな。俺の前で枕を高くして寝られると思うなよ」


 カイムはエルドに高らかに宣言した。このような悪戯二人の間では日常茶飯事であった。


「二人共! それよりも時間はあまりなさそうだよ」


 そうであった。二人は意識を尋ね人へと戻す。


「そうだったな。こんなのがうようよいるところだ。奴が無事でいられる保証はない。アリシアの演説中に万が一ってことになりゃ全て台無しだ」


「うん。叔父様のしたこと、無駄にする訳にはいかないもんね」


 一行は気合を入れ直して、地下墳墓を進む。すると二又の分かれ道にぶつかった。


「道は二手に分かれてるみたいだね」


「ならお前は一人、俺らは二人。戦力的には妥当じゃないか?」


「そうだね。一つ一つ調べて、時間を無駄にする訳にはいかないし、そっちはカイム達に任せるよ。フィリアに変なことしちゃだめだからね」


「しねーよ」


 そう言ってエルド達は別れた。






 一方、公都西のアーケード街。

 先日の暴虐によって、瓦礫の山と化していたそこはほぼ以前と遜色のない形で修繕されていた。


 そして、その中央の円形の広場に設けられた演説台に、一人の可憐で美しい娘が登壇していていた。彼女の名はアリシア、陽光にきらめく美しい銀の髪を持つことから《銀の姫》と称される、この国の次期公王である。

 アリシアの目の前には、話者の声を増幅させる魔導仕掛けの機材が置かれている。

 そして背中に吹き出る水の彫刻とも形容すべき美しい噴水を背に、アリシアはゆっくりと口を開いた。


「痛ましい事件から一ヶ月が経ちました。まずは事件によって命を落とされた皆様に哀悼の意を示したいと思います」


 アリシアの言葉は、ここで起こった凄惨な事件で命を落とした者達への弔意の表明から始まった。

 この都市に住む異民族に対する陰謀、その結果として多数の死傷者の出る不幸な事件が引き起こされた。

 その犠牲となった者たちに対して言葉だけで何になろうか、それでもせめてその死後が安らかであるように祈りの言葉を紡ぐ。


「さて、多くの方々のご協力のおかげで、この歴史あるアーケード街は、以前の街並みを取り戻しました。しかし、たとえ建物が修復されようと、亡くなった者達は決して帰ってはきません。親しい人を亡くされた方たちの傷も癒えることは決して無いでしょう」


 死の苦しみはその本人だけでは済まない、その者と親しかった者達をも苦しめるものだ。母を亡くした孤児、長く連れ添った連れ合いを亡くした者、皆が例外なく喪失の悲しみを味わい、今でもそれを引きずっている。


「あの事件を起こした者達の罪は決して消えることはありません。ここ数日、王室親衛隊や公都守備隊など数多くの者達の力を結集し、我々は実行犯を無事捕縛いたしました」


 アリシアの言葉を受けて、聴衆は「厳しい罰を」「絶対に奴らを許すな」「国外追放だ」など、次々に怒りを表していった。この多くの聴衆の中にも、家族や友人を亡くしたものは大勢居た。


「ですが言わせていただきたい――」


 決して大きな声ではなかったが、アリシアの凛とした一声がまるで鈴の音のように響いて、聴衆を自然と静粛にさせた。


「この国の歴史からすれば、彼らがこの国の一員となったことはごく最近のことでしょう。ですが彼らが、戦争への参加、戦後復興への尽力、我が国の魔導器研究の著しい発展、彼らの献身は長くこの国をさせてきた臣民にも引けを取りません」


 この広場を彩る噴水とそれに伴う水道施設も彼らの作品であり、今回の復興にも多くのものが労働力を提供した、


「ですが今回の事件、いえそれ以前から、彼らに対して恥知らずな行いをしてきた者がいます。彼らの一部が怒りの余り、このアーケード街で虐殺を引き起こしたのも、元はと言えば彼の、自己の欲と利益のことしか考えない卑劣な振る舞いにその原因があったのです」


 アリシアの告発を受けて、聴衆達が再び騒ぎ出した。列席している貴族の中には何事かと慌てる者達もいた。


「私はこの一ヶ月、徹底的な調査と取り調べを行って参りました。この十年の間に彼がしでかした異民族の迫害と虐殺、その罪を精算させるために。そして、それを為した悪逆の徒、その者の名は――――」






「ロージアン伯、ようやく見つけたよ」


 地下墳墓の奥、かつて公園であった場所に求める男は居た。

 でっぷりと丸まったふくよかな身体、欲に任せた悪趣味な装飾品、過度に貴族であることを誇らんと着飾った衣服、顕示欲と財産欲が服を着て歩いたような醜い小男、ロージアン伯爵。


 彼こそが自身の私欲のために異民族に対して陰謀を巡らせて、この国から追い出そうと画策した張本人である。


「ひっ……貴様は姫の腰巾着の《劣等剣士》!?」


 ロージアンは侮蔑的な名で叫んだ。貴族に名を連ねながら魔法の扱えない《劣等剣士》それがエルドに与えられた蔑称である。

 しかし、そうして散々見下してきた存在が今、目の前に立ち、自身を追い詰める結果となっているのはなんとも皮肉なことであろう。


「確か、僕の卒業を取り消した理事会にも居たけど……」


「あ、あの時のことは謝ろう! 私を見逃してくれたら、理事長に掛け合っても良い!!」


「まさか、そんな醜い交渉に応じるとでも?」


 もはやエルドにとって自身の卒業資格が剥奪されたことなどどうでも良かった。


「だ、黙れ! 貴様らのせいでわしの人生はめちゃくちゃだ! どう責任を取ってくれる!!」


 下手に出たと思ったら、地団駄を踏んで怒鳴り散らす。随分と情緒の不安定な人物であった。


 異民族を追放してその跡地でリゾート開発を進める。それがロージアンの目的であった。

 そのために彼らの用水に毒を混ぜ、住居に火をかけるという暴挙まで犯したというのに、ロージアンは恥知らずなことに、一切の反省の色も見せずこの期に及んでなお己の不運を嘆いていた。


「見ていられないな……」


 エルドはため息を吐いた。

 民を救うために武器を取り、彼らの盾となって命を懸ける、それこそが貴い地位にある者の誇りであったはずだ。しかしその志も忘れて、目の前の男は惨めに生き足掻いていた。

 それが今の貴族の在り様だと思うと見るに堪えなかった。


「今まで散々彼らの人生を弄んできたんだ。今度はあなたの番だ」


 エルドは腰の大剣を引き抜く。


「ぐぐぐ……馬鹿にしおって。わしが貴様のような《劣等剣士》に負けるはずがなかろう」


 どこからその自信が湧くのか、ロージアンは護身用の剣を抜いて抵抗の構えを見せた。


「わしの無双の一撃、見せてやろう。これでも……食らうが良い!!」


 ロージアンは渾身の一撃を込め(たように振る舞うと)、大げさに剣を振るった。しかし、勝負は一瞬であった。


「ぐへっ……」


 ロージアンの突進を躱したエルドは、見事にその脚を払って組み伏せた。構えた剣を使うまでもなかったようだ。


「さて……」


 エルドは倒れ込んだロージアンの首元に剣を突き立てた。


「一つだけ聞きたいことがある。十年前の先王、そして彼に忠実だった二人の騎士たち、その暗殺にあなたはどこまで関わっていたんですか?」


 エルドは最も知りたかった核心について尋ねた。

 王と騎士の一人は、表向き《災厄》によって命を落としたという。そして騎士の片割れはその《災厄》を起こした者として処刑された。

 エルドはその真相についてどうしても知りたかったのだ。


「あ、暗殺!? 違う、あ、あれはあの売女の引き起こした――」


 言葉を遮って、エルドの剣がロージアンの首の薄皮を断ち切った。ほんの少しの浅さではあったが、冷酷で正確なその刃が描いたその切り口からツーっと血が垂れた。


「侮辱は許さない。次はもう少し深く斬る」


 ロージアンを睨むエルドの紅い瞳は、まるで悪鬼のそれの如く真紅に燃えていた。

 穏やかで柔和な表情を浮かべる普段の雰囲気とはまるでかけ離れた、その怒りの形相に思わずロージアンがたじろいだ。


「ひっ、ひぃっ……ほ、本当だ。王室親衛隊隊長のクラリスの指示でフェリクサイトを運んだだけだ!! 本当だ!!」


 魔術式の記述、魔道の源たる霊子の貯蔵と増幅、それらを可能とする鉱石をフェリクサイトという。

 近年になってその用法が発見されたもので、魔法を誰でも簡単に起動する事ができる魔導器技術の中心を為す鉱石である。


「ただの荷運びだったわけか。それでなぜあの場に運び込まれた? 本当の指示者は誰だ?」


「わ、わからな――」


 風切り音が響いた。同時にロージアンの両腕から多量の出血が始まった。


「本当はこんなやり方、したくないけど……」


 エルドは懐から一つの薬瓶を取り出した。


「協会で調合された治療薬だ。今朝調合したばかりだから、その程度の出血ならすぐに塞がる。だけどその出血量がこのまま続けばあまりもたないだろうね」


 エルドは暗に治療をして欲しければ、真実を話せと脅していた。


「ほ、本当だ! 本当にクラリスの指示だった! 理由も知らされぬまま、ただ密書で指示だけが出された。我々もそれが王命と信じて荷運びをしただけなのだ!! 本当だ!! これ以上は知らん」


「……からぶりか」


 エルドは落胆の表情を見せながら、薬瓶を放り投げてよこした。ロージアンは慌ててそれを拾い上げると手当を開始した。


「さ、さあ、知ることは話した。わしを解放してくれ!!」


 ロージアンが懇願した。しかし、エルドは冷たい目でそれを拒否した。


「だめだ。あなたのせいで多くの命が弄ばれたんだ。その報いは必ず受けてもらうよ」


 ロージアンを射抜くエルドの冷たい視線は静かで、それでいて確かな怒りの炎が灯っていた。






「ロージアン伯、彼はかつての戦争で、イシュメル人に多大な犠牲を強いました。今回の事件では彼らの住居を奪い、リゾート開発を進めようと暗躍し、彼らが事件を起こすように仕向けたのです。そして終いには、彼らの住む土地へ火をかけ、根絶やしにしようとした」


 聴衆はいまだざわついている。

 貴族の醜聞、それも自分たちの国民が傷つけられた事件の発端であるということを聞き、怒りと動揺が表れていた。


 その時、一人の青年が壇上に飛び乗ってきた。青年は肩に抱えた男を聴衆の前に晒す。その男こそが、アリシアの話にあったロージアンであった。


「さあ今、全てをあなたの口から告白してください」


 アリシアはロージアンの首元に、細剣の刃を当てた。

 可憐な娘も、今は為政者としての風格を纏い、強い意志で目の前の貴族を糾弾する。その様子に観念したのか、ロージアンはついに自らの行い全てを告白した。






 エルドと王女アリシア、そしてその心強い仲間たちの手によって、ひとまずこの公都で進行していた陰謀は白日の下に晒された。


 だがそれは始まりに過ぎない。公都を揺るがせたロージアンの策謀も、公国の闇のほんの一角に過ぎないのだから。

 異民族への差別、貴族たちによる官職の独占、理不尽な重税、強制労働、そして先王の暗殺――この国の膿を挙げればキリがない。

 しかし、いまだ王位に無いアリシアにはその全てを裁くことは出来ない。貴族たちは議会を牛耳り、その様に彼女の力を削ぎ落としたからだ。



 味方などほとんど居ない、この国のほとんどは欲深い貴族たちによって支配されている、国の改革など、成人したての青年と娘にどうにかできることではなかった。

 しかし、その様な分の悪い戦いでも彼らはその歩みを決して止めない。彼らの胸に燻る反抗の意志は些かも揺るぐことはなかった。



 両親を失い、剣技を極めながら貴族たちに《劣等剣士》と蔑まれた紅眼の剣士・エルド、


 先王の娘でありながら、その跡を狙う者達により父王を殺され、王位を継ぐことすら阻止された銀の姫・アリシア、


 これは夢を奪われたちっぽけな二人による、



 ――――《叛逆》である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます