遠い花火

作者 大澤めぐみ

穏やかで美しい。

  • ★★★ Excellent!!!

僕が思う大澤めぐみ作品の良さは、この上品さなのだと思う。
手首をこう、回転させたりひねったりするテクニックも勿論だし、生きるのが下手そうな主人公達も当然魅力的だけれど、僕が思うにそれを引き立たせているのは、この上品さだ。

本作も、僕が思うその良さみが十分に堪能出来る良作だ。
舞台設定に凝ったところがなくとも、彼らの歩んだ人生がたったこれだけの文字数の中で凝縮されて伝わってくる。何のこともない風景が、詩情を醸し出すのだ。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
特に僕が好きなのはこの部分。

「派手好きで社交的なお兄ちゃんに、東京は性に合っていたのだろう。水を得た魚のように遊びまわり、あっちでこっちで好きな女の子ができては真剣に愛を囁いていたら、あっという間にこんがらがって女の子に刺されて死んでしまった。」

多分すらっと出てきた言葉の一部なのだろうけど、簡単な言葉ひとつで、こんがらがって刺されて死んでしまった、という兄のあっけなさと無邪気さとどうしようもなさが秒で脳にインストールされる。こういう柔らかさと表現の上品さが好きだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ロッキン神経痛さんの他のおすすめレビュー 200