(社畜駄)女神は異世界で自由を謳歌するはずだった。

作者 村雲唯円