(社畜駄)女神は異世界で自由を謳歌するはずだった。

作者 村雲唯円

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全15話

更新

  1. 第一章:駄・女神転生
  2. 1-0:卵を持ち帰るだけで大金が手に入る! ……はずだった。
  3. 1-1:普通は死んだらそこで終わる! ……はずだった。
  4. 1-2:チートとか高ステとか手に入れて異世界転生する! ……はずだった。
  5. 1-3:『女神』と一緒に異世界転生できた! ……はずだった。
  6. 1-4:ある程度のお金は用意してきたから問題ない! ……はずだった。
  7. 1-5:一攫千金目指してハンターになる! ……はずだった。
  8. 1-6:武器さえあれば戦える! ……はずだった。
  9. 1-7:女神なんだから魔法とか余裕で使える! ……はずだった。
  10. 1-8:初仕事だけど頑張ったしこれは報酬も期待できる! ……はずだった。
  11. 第二章:王都へ…
  12. 2-1:うまい話なんてそうそうあるわけない! ……はずだった。
  13. 2-2:堅実に働いて稼ごうと決めた! ……はずだった。
  14. 2-3:やっぱり何事もなく依頼は達せられる! ……はずだった。
  15. 2-4:白昼堂々暗殺なんて起きない! ……はずだった。
  16. 2-5:修羅場をくぐってきた数だけは負けない! ……はずだった。
  17. 2-6:乗り越えた逆境の数なんて戦闘ではなんの役にも立たない! ……はずだった