1-9 月夜と夜時間

 卓球勝負を終えて、僕と月夜は部屋に戻る。

 僕達の部屋は1階で2人部屋とは思えないほど大きな部屋だった。

 外から大海原が見え、縁側の先は庭になっており、散歩することもできる。

 僕と月夜は縁側に置いてある、椅子に座って夜の時間をまったり過ごしていた。


 大人になったら酒を飲んで話し合うんだろうか。

 それはいいとして……問題が発生した。


「好き好き好き好き……太陽さ~ん、甘やかしてぇ」

「あ、はい」


 月夜を好きになった気持ちを思いだして、彼女を強く抱きしめたら、月夜も昔を思い出して今までにないくらい甘えてきた。

 さっきから椅子に座る僕の上に座ってすりすりしてくる。

 あ、耳噛まないで。


「太陽さん、いつプロポーズしてくれるんですか」

「ちょっと待って、さすがに早いっていうか……」

「年齢の問題なら大丈夫。法改正するまでに結婚すれば16歳でもいけます」


「次の僕の誕生日待ちってわけか。……できれば社会人になってから」

「えー! それだと5年も待たなきゃ駄目じゃないですか。鞄の中の婚姻届と戸籍謄本がボロボロになっちゃう」

「準備よすぎでしょ! 結婚とか考えないわけじゃない。できればね……」

「はい」

「結婚式を挙げたい。月夜のウェディングドレスが見たいんだ」

「ほわぁ……」


「多分世界で1番綺麗なウエディングドレスを着た君を見たい。だからお金を稼げるように……」

「嬉しい! 嬉しすぎてチューしちゃう!」

「5年は長いよね。正直、僕達の関係が今後どうなるか分からない。そこだけは不安だよ」

「大丈夫です。私達ならきっと……。だから早く婚約しよ。こっちは年齢制限ないし。婚約指輪も別に輪ゴムとかでいいです」


「そこは絆されないぞ。耐えてやる!」

「もー! なんでですかー!」

「かわいいけど、専売特許だからそれは言っちゃ駄目」


一度を息をつく。


「月夜は本当に僕のこと好きだなぁ」 

「ふっふーん、当然です。太陽さんだって……私のこと好きでしょ」

「そりゃそうだよ」

「さっきからずっと私のおっぱい揉んでますもんね。ちょっと盛ってくるんですが」

「ん? じゃあ脇腹の方がよかった?」

「きゃん!? ちょ、くすぐった……だ、駄目! コラッ!」


 両手を月夜の体から外して、浴衣の外からゆっくりと月夜を抱きしめる。

 それから優しく唇をくっつけ合う。舌も絡めてただ無心に愛を確かめる。


「こうやってキスするとあの告白の時を思い出すんですよ」

「初めて唇でした時は互いに想いをさらけ出した時だっけ」


「僕は月夜が世界の誰よりも好きなんだ!」


 月夜は僕の耳元で口走る。


「君が好きだ。本当に好きだ! 初めて会った時からずっとずっと好きだった」


「ちょ、あの、月夜さん?」


「神凪月夜さん、僕はこれからの学園生活を君と一緒に過ごしたい。僕の側で……ずっと笑っていて欲しい、だから僕と……僕と付き合って下さい!」


「一字一句覚えてるの止めようよ! は、恥ずかし!」

「太陽さん、顔真っ赤!」


 今度は月夜からキスをされる。


「嬉しかった……。本当に涙が出るほど嬉しかったんですよ。心が通じ合えたことが嬉しくて、感情が全部出ちゃいました」

「僕もだよ。ずっとため込んでいた想いを吐き出したからね……」

「……大好き」


 僕は月夜を抱えたまま立ち上がった。腰にくるけど、構わない。

 月夜も僕の肩に手をまわす。そのまま彼女を抱っこしたまま、寝室の方へと戻る。

 屈んで月夜をふとんへと降ろした。

 さぁ……今晩はたっぷり楽しませてもらおう。……その時、視界の奥に潜むメガネがキラリと光った。


「……」

「太陽さん?」

「普通に寝ようか……」


 月夜は首を動かして、僕の視線の先を見る。そして表情を苦いものに変える。


「このぉ……中途半端にぃ、盛ったぁ、気持ちがぁ……もやもやすりゅぅ!」

「そうだね、もやもやすりゅねぇ」


 片山さんがじっと見ている中で行為をするわけもいかず、僕と月夜は寝る支度をするしかなかった。



 ◇◇◇


 寝る支度をして、明日の予定を確認する。

 朝に予約していた家族風呂に入って、朝飯を食べて、そのままチェックアウトだ。

 観光もしたいところだけどバスの便は少ないし、仕方ないね。

 ふとんは2つ敷いているけど……、せっかくだしあれをしてみたいな。


「月夜」

「はい?」


 髪の手入れをしながらこっちを振り向く、

 やっぱかわいいなぁ。ペロペロしたくなるようなほっぺだ。すっぴんでも超絶かわいい。


「寝方なんだけど……多分、今回しかできないと思うから」

「ええ」

「このやり方でお願いしたいんだ」

「何のことかよくわからないですけど、いいですよ」


 そして明かりを暗くして、僕と月夜は布団に入る。


「あのー」

「何?」

「これわけわかんないんですけどー」

「僕はすごく満足してるよ」

「でしょーねー」


 僕は今、掛け布団のかわりに月夜の髪に包まれて眠っている。

 顔、体全体が月夜の髪にくるまれているのだ。いいにおいがする。興奮する。


「私の目線の先は何もないんですよー。虚無なんですよー」


 月夜が僕の方を向いたら髪が触れる量が減るので禁止だ。

 月夜には悪いけど……今晩だけはわがまま言わせてもらう。


「はぁ……はぁ……月夜の髪……最高だぁ」

「はぁ、私は何やってんだろ……って! こらっ、胸を揉むな」

「寂しいかと思って」


 月夜の髪を味わい、豊満な胸を揉みながら、僕は眠りについた……。


「今度、ちんちんを思いっきり握りながら寝てやる」

 

 まったく月夜はちんちん大好きだなぁ。強く握るくせだけは何とかして欲しいけど。

 僕はそのまま……眠りについた。


 そして……翌日。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます