116 運命のバレンタインデー②

「貰ってくれますか……私のチョコレート。まだ14日ですから」


 月夜の頬に触れていた手を外す。月夜の顔は血色が良くなっており、少し温まることができたのだと感じる。

 僕は月夜の渡してくれた紙袋を受け取った。

 さっそく、紙袋から白い箱を取り出し、箱の蓋を開く。


「い、今食べなくてもいいですよ」

「今、食べたい」


 箱の中は4つの仕切りが入っており、それぞれ直方体のブロック型の黒いチョコレートが詰められていた。

 ブラウニーっていうんだっけ。本当に綺麗に作られているな。それぞれのチョコレートに白い文字が書かれている。これだけで手作りであることがよく分かる。

 4の内の1つを手に取る。表面には大き目のナッツやドライフルーツが置かれ、色彩が鮮やかだ。


「綺麗だぁ」

「……」


 ふと月夜の方に視線を向ける。恥ずかしそうにでも嬉しそうに……口をぎゅっと噤んで、両手を胸に当てている。

 僕はそんなに料理しないからこのチョコブラウニーの難しさは分からないけど、この一週間できっと月夜は一生懸命作ってくれたんだと思う。

 それだけで胸が熱くなる。

 僕は月夜がくれたチョコレートを半分口に含んだ。

 ああ、とっても甘い……。


「美味しい……」

「ほんと……ですか?」


 僕は頷いてもう一口、残るチョコレートを口に入れて噛み締めた。濃厚なチョコの甘さにナッツやフルーツなどの別の甘味が上手く合わさって本当に美味しい。

 何より月夜が僕に作ってきてくれたということが……とても嬉しい。


「こんな美味しくて、嬉しいチョコレートは生まれて初めてだ。月夜、本当にありがとう!」


 人はこんなに自然に笑えるんだな。僕は……自分でも分かるくらい満面の笑みを浮かべた。


「はぐっ……」


 月夜は胸を両手で押さえて息を荒くする。

 少しだけ不思議に思ったが……僕は構わず言葉を続けた。


「本当に嬉しい。こんなに嬉しいと思ったこと今までなかった。月夜に出会えてから……嬉しいことばかりしかないよ」

「はぁ……はぁ……」

「今夜月夜と出会えてつらいこと……悲しいこと……全部吹き飛んじゃった」

「……ぐっ」


「月夜は本当に優しいね……。君は僕にとって一番特別」







「やめて!!」






 慟哭にも似た激しい口調で月夜は叫ぶ。僕はその変化に驚き……口を閉じ、瞬きを何度もしてしまう。


「どうしてそんなこと言うの……」


「え、月夜?」


 月夜は胸を押さえつつ顔をぐっと振り上げた。


「そんなこと言われたら……もっと好きになっちゃう。私は……好き。太陽さんのことが……本当に好きなの!」


 月夜の声のトーンが上がっていく。



「好きで好きで好きでたまらないくらい好きで! あなたを好きになったあの夏の日から毎日恋焦がれていた!」



「なのに現状維持って言われて……わけがわからない!! 私はこんなにもあなたのことを想っていて、あなたも想ってくれているんじゃないの!? 釣り合いとかわけわかんない! そんなの付き合ってから考えてよ!」



「だけどあなたが好きだからぐっと我慢した。この溢れて出て止まらない恋心を抑えようと頑張った。……でも無理だよ。初詣も誕生日も……このバレンタインデーもあなたに会うたびに私はあなたを好きになる!」



「かわいいって言ってほしいから一生懸命オシャレして、照れてくれるから恥ずかしいけど気を惹こうと体をくっつけて、美味しいといってくれるから料理もたくさん作った。髪が綺麗だって言ってくれるから長い時間を掛けて手入れもした」



「現状維持なんて嫌! 手を握りたい、腕を組みたい、抱き合いたい、キスだってしたい、それ以上のことだってしたい、髪を撫でてもらいたい、写真だって撮ってほしい、こちょこちょだってしてほしい、料理をもっと美味しいって言ってほしい、かわいいって言ってほしい、綺麗だって言ってほしい、私をもっともっと見てほしい!」



「なのに毎日告白してくるのは喋りたくもない男達ばかり。本当に告白して欲しいのは1人なの! あなたはその先へ進んでくれない! どうして!?」



「遊びだけならそれでもいい。離れてほしいなら悲しいけどそれでもいい。だからちゃんと教えてよお! 私が近づくのが嫌ならしっかり遠ざけてよ! 中途半端に私の心に入ってこないで! ありがとうも嬉しいも優しいも特別も全部私の心に届くの!! 胸が痛いよ、恋がこんなに胸が痛いものだって知らなかった」



「こんなに苦しいなら恋なんてしなければよかった。【7月のあの時】死んでしまえばよかった! 私をこれ以上惑わせないでよおおぉぉ!」 


 僕は……月夜の訴えに何一つとして反応することができなかった。

 月夜がここまで思いつめていたなんて……知らなかった。


「もういやぁぁぁああああ!」


 月夜は頭を抱えて、泣き叫び、僕とは逆方向に走り出してしまった。

 月夜を追いかけなければいけない。でも……足がまったく動かない。

 僕は……なんてことをしてしまったんだ。


 いや違う。何もしてこなかった。月夜の優しさに味をしめて、向き合うこともせず、ただ時を過ごしていただけだった。


 体が崩れて、腕を地に付け愕然とする。


「さ、最低だ……」






「やはりこうなってしまったか」


 両手両足を地につけた状態の僕は恐る恐る振り向く。

 月夜と瓜二つの容姿、栗色のミディアムヘアーで僕を見下ろす……親友、神凪星矢の姿があった。


「星矢……」

「無様な姿だなぁ、太陽」

「僕を殴ってくれ。君の大事な月夜を傷つけた僕を……殴ってくれ」


 星矢は軽く息を吐いた。


「拳を痛めるからいい。こんな夜中に大声で叫びやがって……。ここじゃ近所迷惑だ。向こうに行くぞ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます