究極恋愛至上主義!

作者 熊ノ翁

薬ではなく毒として

  • ★★ Very Good!!

 本人にしか書けない作品というのは確かにある。本作はその典型だろう。
 読み進めるうちに、少しずつ自分の精神がただれてゆく感覚をじわりじわりと意識しながら最後まで読んだ。
 そして思った。何とも言えない負の楽しみ、陰の愉悦というものが、これほど明確に伝わる作品も珍しいだろうと。
 ある意味、作者は……作品の完成度ももちろん追求しているところではあるだろうが……その完成度なる概念をもって人の心がどれだけ動くのかを実験し続けているような創作姿勢ではないだろうか。
 いずれにしても非常に楽しめた。
 詳細本作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マスケッターさんの他のおすすめレビュー 1,403