ミュゲ書房

作者 オレンジ11

紙の本を愛するすべてのひとへ

  • ★★★ Excellent!!!

作家との確執のために出版社をやめた元編集者の若者が、地方にある個人経営の書店を再開させるお話です。

出口が見えない出版不況と業界の闇の関係。
才能ある作家が潰されてしまう原因。
この作家さんはもしかしてあなたかもしれません。

元司書のおじいさんがつくった書店は、本好きならば一度は訪ねてみたいと思うーー書店員なら「こんなお店で働きたい!」と思うお店でした。

『ミュゲ書房』はたいせつなことを教えてくれます。

ぜひ紙の本で!(できるなら文庫でなくてハードカバーの単行本で!)じっくりと読みたいと思える作品です。


スズランの花言葉は……
本屋に行って調べます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

思い砕かれて出版社を退社した、若き編集マン。社会人としての体裁か、編集マンとしての情熱か。煮え切らないままに任されることになった、祖父経営の「ミュゲ書房」の店仕舞。
しかしミュゲ書房は一風変わった経… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

キャッチコピーからもあるとおり、書籍化中止から着想を得たフィクションです。
作者様は第3回カクヨムコンで受賞されたけど、書籍化にはならなかった経歴を持ちます。


ある出来事を機に出版社を退職した主… 続きを読む

灰色山穏さんの他のおすすめレビュー 53