同じ味を何度も作れてこそプロ

ゆうすけ

偶然の味。それは二人で見た幻


――なあ、今日あの天津飯作ってよ


えー、イヤだ。あなたこれじゃないって文句言うもん


――あの味のが食べたいんだよ


同じ味にはできないって




新婚の頃食べた妻の奇跡の天津飯。

それ以来、同じ味には巡り会えていない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

同じ味を何度も作れてこそプロ ゆうすけ @Hasahina214

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ