第34話:聖王様のところへ!!

私とシグレはシグレが教えてくれた隠し通路を使って、聖王城の聖天大王様の私室まで向かっていた。


すると……


「やはり来たか。シグレ」


私達の前に黒いローブをまとった集団が現れた。その内の1人がシグレに話しかけてきた。もしかして、この人達って……


「察しの通り魔法省暗部の者達です。彼が隊長で、元私の上司です」


シグレは淡々とした口調でそう答える。


「その言葉。暗部を抜けると受け取るがいいんだな?」


「構いません。再就職先はもう決まってますので」


「残念だ。お前は優秀な逸材だったのだがな」


そう言いながらも、特に残念そうな様子も見せずに身構える隊長。すると、シグレは唐突に転移の魔法を使用し、私を魔法省暗部を越えた向こう側まで転移させた。


「シグレ!!?」


「セリーナお嬢様!行ってください!そこからは一本道です!ですから!早く!!」


私は一瞬足が止まりかけたが、シグレの気持ちを無駄にしてはいけないと走り出した。






「数人はあの令嬢を追え。残り数人は私と共にシグレを相手にするぞ」


『ハッ!!!』


「たったそれだけの数を追わせるだけで本当に良いんですか?」


「たかが貴族令嬢ならあれぐらいで十分だ。むしろ、全然実力のほとんど見せていないお前を相手にするべきだろう」


「なるほど……私への過大評価は有り難いですが……隊長。あなたは私とセリーナお嬢様を舐めすぎですよ?」






追ってきた数人の魔法省暗部を全員拳でぶっ飛ばし、私は隠し通路を出て、聖王城の廊下に出た。そして、右側を振り向くと、そこにいかにも豪奢な大きな扉があった。


「ここが……聖天大王様の私室って訳ね……!」


私は勢いよくその扉を蹴破って中に入る。


そこには……


「ッ!!?お姉様!!?」


床でグッタリと寝込むリーアお姉様がそこにいた。私はすぐにリーアお姉様に駆け寄ると、よく眠らされるリーアお姉様だが、今回はいつもと違うことに気づく。


「ッ!?息を……!?していない……!?」


リーアお姉様は寝息を一つもたてずに眠っていたのだ。そんな……!?嘘でしょ……!!?


「ふふふ……!!フッハァハハハハハ〜ーーーーーーーー!!!やったぞ!ついにワシは!神聖香を手に入れたぞ!!!!」


リーアお姉様から少し離れた場所で、高笑いをあげている老人がいた……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます