あとがき

 桐生深夜としては最後の作品です。

 まあ、メモアプリで眠っていたやつを改正して投稿しただけなんですけどねw


 さて、俺はもう引退するといいました。本当にこれで最後です。(文字ラジオはやるかもねw)


 さて、桐生深夜としての人生は中学生から始まりました。かつては小説家なろうの方で連載しており、文書の書き方も分からないガキがやってました。(今もガキですけどね)

 今読み返してみると悲惨な文書能力です。よくここまでやってこれたなって感じw


 それからアルファポリス、エブリスタときてカクヨムにきました。そして初めて投稿した作品が、『Re:絶望転生』だったはずです。そしてハイロックさんに評価してもらい、一瞬だけ星を与えられて奪われましたw


 で、次に書いたのが『最近の小説は異世界ファンタジーばかりになっている』ですね。(この間に何個か長編書いてますが、失踪してます)

 当時、初めての星90を達成してガッツポーズを決めたのを今でも覚えています。電車の中なのにw(修正してからは星は増えませんでしたが……)


 そしてわたくしは、ハイロックの企画『文字ラジオ』をパクった一番最初の人でもあります!(自慢)


 長くなりましたがここで締めとさせていただきます。今までありがとうございました。









































































 文字ラジオ、いつやろうかな〜

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

星々が光り輝いている。 桐生深夜 @052624

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画