悪文集

作者 石嶺 経

『随筆』と呼びたい。

  • ★★★ Excellent!!!

他のレビュアー様も触れていらっしゃるように、『悪』とは何かについて、考えさせられるエッセイです。

周りに迷惑はかけるものの、どこか憎めない。
言葉は古いかもしれませんが、それは『ワル』だとか、『悪たれ』だとか、かつて呼ばれていたものではないでしょうか。

確かに悪いことはしている、しかし、吐き気を催すほどの『悪』ではない――
そんな存在であるような気がします。

作者様の文章はとても生々しく、現実世界の不条理について、これでもかと考察しています。
しかし、嫌悪は感じない。
それはわれわれにとって、とても日常的で、しかも差し迫ったテーマだからかもしれません。

世界の随(まにま)にもてあそばれる様を、一歩引いたところから観察して、筆にとる。
そういう意味で本作は、『エッセイ』ではなくあえて、『随筆』と呼びたくなります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

朽木桜斎さんの他のおすすめレビュー 102