第62話 家族愛をコンビニ経営で確かめる10

 あれから1年の月日が流れた。

「ナイスショット! オーナー!」

「でも、いいんですか? オーナーなのにコンビニに顔を出さなくて?」

「いいんだよ。私がいなくても長男が社長として、コンビニ経営を頑張ってくれているからな。」

 父、安部晋男。彼の趣味はゴルフ。会社をリストラされ、コンビニ経営を始めるも過労で入院。その後、奇跡的に会国議事堂や警察署、政党本部にコンビニを出店し、起業家として大成功を収める。

「良かったら、議員の所にもコンビニを出しませんか?」

 晋男は、接待ゴルフをしながら国会議員のコネで知り合った、地方議員にコンビニの営業をしている。既に地方の県庁、市役所、町役場の50%は手中に収めている。

「オーナー、喉が渇いた。何か飲みたい。」

「このカードで好きな物を買ってきなさい。」

「は~い。」

 お金持ちになった晋男には愛人が100人以上いた。


「いらっしゃいませ。」

「いい挨拶ですね。」

「社長!?」

「あ、気にしないで下さい。今日だけで20店舗を視察するので激励だけです。良かったら、これでアルバイトの皆さんにケーキでも買ってあげて下さい。」

「ありがとうございます。」

 長男、安倍晋一。コンビニを100店舗以上経営する会社の社長になった。会社を辞めた時は収入なしだったが、今や1か月で1000万以上の収入を得ている。

「社長、結婚おめでとうございます。」

「ありがとう。」

 そして、お金持ちになった晋一は結婚して、奥さんのお腹の中には赤ちゃんがいる。お金があれば幸せな結婚もできると晋一は実感していた。

「社長、次の視察に向かう時間です。」

「分かった。」

 もちろん晋一の社長秘書は愛人である。晋一もお金にものを言わせて、愛人が100人以上いる。父よりも若いので血気盛んであった。


「先生、この問題はどう解くんですか?」

「この問題は、こう解くんだよ。」

「ありがとうございます。」

 次男の安倍晋二は、大学に入学していた。正確には、父親のコンビニで儲かったお金で大学に寄付金を払い、政治家や警察署の人のコネや紹介で、天下の応慶義塾大学に裏口入学したのだった。

「おまえも裏? 俺も裏。親は社長だよな。」

「うちは医者だ。」

「私の家は弁護士よ。キャッハッハ。」

 一流大学の学生は、だいたいお金で学歴を買った、アホなお坊ちゃんとお嬢様ばかりであった。

「今日も3流大学の女の子を、1流大学の名前と親の金で遊んで捨てまくるぞ!」

「おお!」

「裸の写真を撮って、脅迫してAVと風俗に売り飛ばして、金を儲けるぞ!」

「おお!」

 すっかり晋二は、お金持ちの遊び「下民をバカ奴隷にして捨てる」という遊びにはまっていた。もちろん晋二が捨てた女の数は100人を超えている。


「今日は、久しぶりの家族揃っての夕食ね。楽しみだわ。」

 家で手料理を作る母、利子。お金持ちになった安倍家は、忙しさのために疎遠になっていた。だから男どもが女遊びしていることを母の利子は知らない。

「今日を乗り切れば、明日も昼からホストクラブよ! ドンペリタワーを頼んで、若い男と遊びまくるんだから! ワッハッハー!」

 母の利子は昼ホスにはまっていた。お金を手に入れた安倍家の家族愛は、体裁だけのものになってしまいました。

 おしまい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー