風に舞う言葉たち

作者 あいる

第10話☆【八個の目】」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 小さい頃は私も夜が怖かったです。何かが見える訳でもないのですが、何故だか何かがいる気がしてましたねぇ。あいるさんみたいに見えてしまったら、多分おトイレ行けません。どうせ見えるなら優しい存在がいいですね。

    作者からの返信

    にゃべ♪さん
    怖いと思ってるから
    そんな風に見えただけかも…

    そうだったらいいのに…

    でも何か気配を感じることとか場所とかありませんか?

    100年くらい歴史のある小学校があるのですが、校門の前にある大きな木はいつ通っても怖い😱何かいるのかな?
    知らんけど笑

    2019年9月27日 21:09

  • 真っ暗な光の何も無い世界っていうのは流石に恐怖ですね
    最近は真っ暗な光の全く無い状態っていうのを経験する事は難しいかも

    大自然の森の中なんかだと・・夜行性の毒蛇なんかがいるかも
    最近じゃ温暖化の影響でワニやワイルドボアなんてものも野生下しちゃってるって聞きますね。

    私もたまに、突然何かいるっていう恐怖に駆られることがあります。
    そんな時は悪霊なんかが居るのかな?

    作者からの返信

    シャーロットさん
    応援ありがとうございます!

    夜が怖い時期でしたよ

    今ではあまり怖い体験は無くなりつつありますが、昨晩もなんだか金縛りの気配がしたので電気付けたまま寝ました(笑)

    見えない方がぜったい良いですよね~

    2019年9月17日 19:42

  • あいる さん

    更新お疲れ様……って、おーい!!

    またホラーやないけ!怖いのあかんゆうとるやろがいっ!!

    しかも、蜘蛛も苦手じゃいっ!

    これは今日もトイレに行けなくなるやつですね……(´・ω・`)

    作者からの返信

    からすけさん

    コメントありがとう

    イヒヒ( ̄▽ ̄;)

    とりあえずあと一話で終了なのでがまんして下さいな(笑)

    でも私が書き手でよかったと思うよ
    上手い人ならめちゃくちゃ怖いお話になると思うのでね(残念あいるでよかったでしょ)

    小さい時は本当に夜が怖くてその思い出しか残ってないのだよ

    他にも色々…(爆)

    2019年5月31日 21:35