わたしの欠片

作者 藤光

寂しくも美しい、「はじまり」の人間ドラマ

  • ★★ Very Good!!

 主人公の少女は文芸部に所属する高校生――なんて出だしで思わず食いついてしまいました。掴みはじゅうぶん。調理次第でいかようにも化ける、キャッチーな滑り出しです。

 かくいう私も高校時代は文芸部でした。部員も部長も私一人でやっていたのを覚えています(今思えばよく学校が部活動として認め続けてくれていたものです)。
 だから、ちょっとした古傷を抉られるような痛ましさと、そこにできあがったかさぶたをそっとはがしてみるときに抱くような……冒険心をくすぐられるような、不思議な感想を持ちました。


 そんな本編で描かれているのは、おそらくもっともっと存在しているであろう濃密な人間ドラマのごく一部です。
 欲を言うなら、もうちょっと読んでみたい。この後に起こるであろう出来事も知りたい。かれらの生き様を見つめてみたいというところであります。なので、読む方によっては、作品のフォーカスの仕方に賛否出るかもしれません。

 しかしながら、丁寧に描き込まれた学校風景の写実的な描写は、これがまた深い味わいを体験させてくれます。現代劇なんだけれども、ちょっとノスタルジーも感じる……。写実的なんだけど原色のままではない、あえて退色させた写真のような、そういう感じ。ここがすごく面白い。作者の持つ美的センスがいかんなく発揮された短編と言えるのではないでしょうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

杉沢村主さんの他のおすすめレビュー 81