童貞君、さよなら

作者 宇近太助

50

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

童貞決別宣言の導入部から、早熟だった幼稚園に遡る?
主人公が過去を振りかえる告白調で語る物語はライトでほのぼのとしたエピソード満載です。
不可解なワードが乱れとびます。象さん、キリンさん、爺ちゃん、ラジオ体操、百合、白い逆三角形、都市伝説岩男、ロシア娘。
この先もまだまだ出て来る予感がします。
明るく、楽しい、少年の成長物語です。
是非、ご一読ください。