異世界でアムネジア~ここは何処? 私は誰? 私、魔法使えるの? 異世界最強なの? でも、なんで……?~

作者 森園珠子

75

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

一切の記憶が喪失してしまった主人公の前に現れたのは、自身を知っている美男美女たち。自分のことを教わろうにも、○○で規制が入ってしまって知ることが出来ない!?
一体主人公は何者なのか?規制を入れたのは?出だしから気になる物語です。
作者様がキャラクターたちを愛してるのが伝わってきました💮

★★★ Excellent!!!

目が覚めると知らない場所にいた主人公「珠子さん」。
この作品の魅力は「謎」に包まれた状態で、物語が進んでいき、不思議とどんどん読み進めていけることです。

途中に出てくる○○の表現が、また読者を惹きつけるのでそこも楽しみの一つになります!作中に出てくるキャラも魅力的で、目が離せない展開が気になります!
どんどん読み進めて本当の記憶に辿り着くのか、ぜひご覧ください!!

★★ Very Good!!

本作を読んでまず最初に気になった特長は文章の軽さ。
これは悪い意味ではなく、主人公の話し言葉、感情がそのまま文章になっているので主人公と同じ目線で読み進めることができます。

次に物語を面白くするための伏線の表現方法が、ある意味では素直で、だけどとても独特でした。
重要な部分が伏字になっているので、物語を読んでいる私たちは、まるでゲームをプレイしているような気持ちになります。

作者の創意工夫が感じ取れる作品、ぜひ読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

この小説はタグに「メタ」と入っています。

「メタ」、現に起きていることを一段上から眺める視点。この小説においては「お約束」として表れています。

ファンタジー小説のお約束が読む人をくすりと笑わせる。それがただのテンプレですまないのは、お約束を一段上の視点から見て、ある意味距離をおいて、ある意味批評的に描写しているから。

主人公が○○○○という設定なのも、お約束にありがちな、先が見えてテンプレ化する事態を避けるための熟考の結果でしょう。よく分かってます。

自身が何をしているのか理解している作者の軽妙なお遊び。小気味よい笑いを楽しめます。

★★★ Excellent!!!

主人公は記憶を失っており、そのまま見知らぬと思ってる人物達とめぐる物語です。とにかく今はパニック状態が続き、何が何だかわからない所が良いです。
果たして記憶を取り戻すことができるのか? まだ短い作品であるため今後の期待とすぐに追い付けると思います。

★★★ Excellent!!!

この方の作品は何だか、どうやって話を展開して見せようかという
最初の頃の自分を髣髴させる様で非常に微笑ましい。

念のため、作者に言うが、
ハロウィンに魔女は欠かせないキャラである様に
ファンタジーにおいてメイド服を着たメイドさんというキャラは
決して無視できない存在です。

それをご理解した上で、そのメイドを主人公が何らかの理由で
雇えるようになって随伴するなり、
主人公を経済面で支える人物から派遣されて主人公を援けるなり
主人公のその後の展開にとって重要な仲間として登場させれば
この作品は大いに成長が見込めると思います。