人並みに生きたい私の備忘録

作者 水音芽生

第3話 愛するということ」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 芽生さんは、とても魅力的な方なんでしょうね。誰かに無条件で丸ごと愛されるということは、誰の身にも起こることではないと思うのです。
    ご夫婦の関係性について読んでると、うちの夫婦と、ある部分は男女逆だったりして、面白いなぁと。うちは、私の方が夫を大好きで、夫は愛って何?ってタイプです(笑)
    でも、ダメな私を丸ごと受け入れ、肯定(諦め?)してくれてるのが有難いです。

    自分が繋がっていると感じられる土地に住めて、うらやましいです。私の魂はふるさとがないと感じていて、どこにいてもよそ者感を感じ、フラフラしています。

    作者からの返信

    うちの旦那は、ものすごい素直なんですよ。
    何を言ってもまるっと受け入れてしまう。もちろん鵜呑みにしてるのとは違うのですが。
    魅力的かどうかは……自分ではよくわからないんですよねw
    この話はあまり話してこなかった部分なのですが、まあ自分のことを書くのに外せないな、と思いまして。ひどかったなー、と思いながら書いてました。

    生まれ育ったところは違う町なのですが、函館に長く住んでいるので、実質函館がふるさとですね。
    感覚的に見えないものは無い、と思えなかったので、いろいろ見ているうちに繋がったような感じがしています。

    2019年6月9日 14:54