手首蒐集家

作者 坂井令和(れいな)

奇才の筆致が唸る!「手首」を巡る、予測不能な深層迷宮ミステリー

  • ★★★ Excellent!!!

読み始めてすぐ、主人公・手塚氏の異常性に驚かされます。
なんなんだ、この男。「手フェチ」なんて生易しいもんじゃない!
彼の心理、彼の行動から目が離せなくなり、気がつくと彼とともにどっぷりと未知の迷宮にはまり込んでしまっている。
手首!手首!手首はどこだ…!

手塚氏は探偵を気取ってはいますが、事件の真犯人の心理に近づこうとするあまり、何度も回り道をします。
その捜査(?)過程は綿密に組み上げられた、まさに本格ミステリー。
ただただ、手塚氏の心理が普通のミステリーとは一線を画しています。
異常としか思えない、強すぎる手への執着。
その裏に隠された、彼自身の壮絶な過去。
ルビの使い方まで斬新で、読みながら何度唸らされたかわかりません。

書き手にとって、勉強になる点が、数えきれないほど詰まっています。
読み手としても、すぐに読めて、こんなにも不思議な満足感を残してくれる凄い作品に出会えて、本当によかったです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黒須友香さんの他のおすすめレビュー 161