手首蒐集家

作者 坂井令和(れいな)

165

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

皆さんは普段、どれだけ「手」を見ていますか?
自分の手。家族の手。友人、知人。果てには他人の手。
人の手には、その人の人生と性格が表れるといいますが、――これほど「手」に執着した主人公はいないでしょう。
しかし人は興味があるものに関心を持つ生き物。
さあさ、貴方は「手」に興味はありませんか?
あるならこの小説、読まないと損ですよ~!笑

★★★ Excellent!!!

明日も朝から早いというのに、続きが気になって読んでしまうほどの力を持った作品。
こだわった文章の仕掛けが面白いのは当然ながら、登場人物のキャラクターがたまらなく面白い。こんな思考回路で強引に進められる物語なのに、ミステリとしての基本がおさえられて、動機も、それを暴く手際もまた、作中のリアリティを損なっていない。
ユーモアなのか悲しみなのか、不器用なだけなのか。色んな感情を刺激する構成にもなっている。
思い切って書いてしまうというのは、大事なのでしょうね。
連作になったりしたら、また読んでしまうと思う。すげえな。

★★★ Excellent!!!

ミステリーなのですが、どこかホラーチック。ぞくっとする怖さがあります。

作中でのルビの使い方、主人公の手しか見ない視点。発想。どれもが斬新です!

被害者の消えた手首はどこに行ったのか。
手を巡る話では、ほかにはみないタイプだと思います。

ネタバレにならないようあまり書けないのが残念ですが、ぜひ皆さんも、このぞくりとする世界を味わってみてください。

★★★ Excellent!!!

 アホカップルシリーズで読者を油断させておいて、「羊達の沈黙」が沈黙するほどの猟奇サスペンス、炸裂である。

作者はホラー風味強めに書いたとのことだが、ミステリーとしても充分に成立して いる……どころではなく、秀逸である。

 「怖いのヤダー」とか言ってる暇あるなら、さっさとお読みなさい、と言いたい。

 ストーリー無視のグロテスクさは微塵もない。というより、グロテスク臭は、さ ほどしない。
むしろ、主人公の色んな意味での「キレっぷり」が縦横無尽で痛快だ。

  そして何より。
私達の作品発表の場は「ネット」である。
 紙媒体ではぜーーーーーーったいできない技法にひっくり返る読者が後を絶たず。
 「ネット小説の無限の可能性」をまざまざと見せつけてくれた作者さんに惜しみない拍手!

 私は他のサイトで作品を投稿しているが、カクヨムではできない。
 イヤーな予感がしていたからである。
 それは的中した。
 まず、三上 エル さんの「緋色の王様」という怪物作が生まれた。
 上記作品は、すでに書籍化された作品を圧倒するほどのクォリティーである。
 そして今回。
 「緋色の王様」に対抗できるクォリティーを持った怪物作がさっさと生まれた。

 これが「カクヨム」である。
 こんな天才達が牙を剥くサイトに、自分の駄作を上げなかったのは英断だと自分で自分を褒めて床に就こう、そう思った6月の夜だった。

★★★ Excellent!!!

幼い頃のトラウマにより「手」に狂信的なまでに執着する主人公・手塚鉈。
滞在中のホテルで殺人事件が起きるが、その被害者の手首が切断されていて……。

読み進めていく度に増殖する主人公の異常さに恐怖を感じつつも、結末が気になって一気に読んでしまいました。

文体も、本来の常識をかなぐり捨てる勢いの個性的なルビの使い方で、読者の心をも病的な何かで侵食していきます。

手塚の「手」に対する思い入れや行動には度肝を抜かれてしまいますが、どこか憎めない、いえ、同情してしまうものすらありました。

他では見られない種類の完成度がここにはあります。
ぜひ読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

ホテルで殺人事件が起こる。その死体は手首が切断され左手だけがなぜか持ち去られていた。偶然そこに居合わせた手塚鉈は狂気の男。人の顔を判別することができず人間の『手』にしか興味がない。彼は死体の『手』が失われていることに狂的なまでの興味をいだき『手』を捜索しはじめる。「手だ」「手はどこにあるのだ?」「手」「手」「手」主人公である手塚鉈の狂気がすさまじいく失われた死体の手を探すため何故手が持ち去られたのかその理由を知るため彼は犯人を追い求める。彼は何故そこまで『手』に執着するのか?そう。狂人には狂人の論理があるのだ。本作はミステリーという形態をとってはいるが手塚の異形の論理を描いた怪作である。ホラージャンルであるが過度に怖くはないので安心していただきたい。主人公は狂人だが読めばあなたも狂人になれるので安心だ。

★★★ Excellent!!!

読書好きな方はふら~っと本屋に行って、立ち読みして、これ面白いやん!買おう!って言う体験あると思います。あれです。
自分はあまりミステリー系(ホラーは読む)は読まないのですが、それでも無料で読めるのがおかしいくらいのクオリティに感じます。一話から最後までぶっ通しで読んでしまいました。

まず主人公が魅力的。非日常的な性格なので、最初はよくある作者の「作った」キャラに見えがちですが、読み進める上でしっかりとした人間性と深みが現れます。ぶっとんでいる行動も理解が得られて、最初はただの「狂人」だったのが共感できる親しみのあるキャラクターになります。(友人にはなりたくないけど)

作者様のあとがきや読者のコメント等を見ているとトリックが少し甘いらしいのですが、ミステリー初心者の自分にとっては十分ストーリーを楽しめました。整合性もそこまで気になりませんでした。

とある企画からたまたまこの作品にたどりついたのですが、こんな面白い作品が埋まっているなんて思いませんでした。

比較的短いので時間のある方、いや、ない方も是非一読する事をお薦めします!

★★★ Excellent!!!

おそらくカクヨムというWeb媒体がなかったら、読むことができなかっただろう奇才!

ルビを使った表現が斬新で、初見のかたは驚くでしょう。
偏狂的でサイコな探偵が、その変態性を活かして事件を解決していく……。
と、簡単に書けないところが、この作品の奥の深さです。

独特の雰囲気から、サイコホラー的な感想を抱くかもしれません。
……が、言葉の端々から、多くの『遊び』や『ユーモア』が溢れています。

『怖さ』+『気持ち悪さ』+『ユーモア』が、うまく一体となっている素晴らしい作品です。

★★★ Excellent!!!

探偵役は手に執着し、
手を愛し、手を見つめ、
手で考える。
推理は手のひらを返すように
あっちこっち飛び、
軽快に場面が展開します。
サイコな探偵に
ひっぱりまわされているうちに
事件の真相に
近づいたものかどうなのか。
それでも、最後はビシッと事件解決。
ルビの魔術師として
小説を読むという行為も楽しませてくれます。

★★★ Excellent!!!

面白い!手首から先にしか興味を持てない異常な男が旅先で事件に遭遇する。この主人公は正真正銘の変態なんだ。この狂った感性が最初は気持ち悪かったはずなのに、手に示す執着から一般人には気がつかないような事象をも発見し、解決の糸口にしていく様は本当にキモかっこいい!

また自分の異常さは客観的には見えてないらしく、他人のナルシストぶりを見るや精神病呼ばわりと、他人に厳しい毒舌っぷりがまた笑いのツボを突いてくる。【ホラー】と【ミステリー】と【コメディ】の要素が変態的な圧力で押し寄せてくる。
これは凄いヒーローを発見してしまったかも知れない。

★★★ Excellent!!!

簡単にいえば手塚鉈というかなり狂気を孕んだ主人公が警察も来られなくなった状況下で手首のない死体の犯人を探し当てる。そんな話なのですが、ありとあらゆる意味で常識を破っています。

今回はこうくるのか!という感じ。
もはや坂井令和というジャンル。コロッケがモノマネではなくてコロッケというジャンルであるように、坂井令和は坂井令和。誰にも真似出来ない(しようとも思わない)

いつも斬新な切り口でくる坂井さんですが、扱うテーマや根幹に流れるものは実は非常に普遍的なのですよね。

それをどう料理するか。それこそが書き手の力量の見えるところだと思うのですが、そこを物凄く多面的に見られて、まさかな方法で切り取ります。
正直めちゃくちゃ豪快!
でもそれが浮かないの。描き方がうまいんですよね。

この作者の頭の中どうなってんのか、あらためて思う作品です。

蛇足ですが、わたしはこれをレタリング小説と呼んでいまして、その理由は読めば即納得なので、未読の方はぜひに!

★★★ Excellent!!!

手首に異常な執着を見せる手塚。
人が顔で認識するように、彼は手首でそれを認識する。
雪で閉ざされた一夜の事件を解決する中で、彼の中のトラウマが溢れ出ていく。

斬新なルビ使いは彼の内面を描きながら、物語を彩る。
そんな手法も作者の力量があってこそ。

Webならではのミステリーをぜひ。

★★★ Excellent!!!

狂気って誰もが持ってますよね。
トラウマしかり、欲望しかり……。

本作品の主人公は、他人の手首にこだわる癖を持っていました。顔や体は二の次――いや、手の次の次。

読み始めは、川端の『片腕』という短編を想起していましたが、実は同じではない。手首が好きになってしまったことに、彼なりの理由もちゃんとあるのです。

心の狂いを演出する巧みな描写に驚かされつつ、狂人が登場する推理小説ならではのミスリードも面白くて、すっかり騙されてしまいました。

素敵な物語をありがとうございます。


にぎた

★★★ Excellent!!!

疑念や恐怖、違和感や狂気、策謀と欲望。全てを纏った冷たい『手』があなたの心臓を掴み、一瞬で物語に引き込みます。
斬新な文体、まさにルビの使い魔。不気味さを増幅させる行間。一文字に込められた数多の意味。壮絶なバックグラウンドを持つ主人公の、特異な性格を描く秀逸な描写。
全く新しいミステリーサイコホラー。

★★★ Excellent!!!

こんな狂気に溢れた作品は見たことがない。
斬新かつ凄絶なインパクトのある、サイコミステリです。

兎にも角にも、主人公・手塚の一人称で紡がれる手首への異常な執着心が凄まじい。
手首の切り取られた他殺死体を見て、犯人ではなく「手首」を探そうと容疑者へ聞き込みする様子など、狂っているとしか言いようがありません。

ルビ機能を駆使した狂気の表現方法が、また見事です。
視覚的にも、背筋がゾッとするような恐ろしさがありました。
こうした表現はWeb小説ならではだと思いますが、作品全体から漂う倒錯感やテーマ性は純文学的な匂いを感じました。

こんな作品、他に見たことない。(2回目)
衝撃的です。面白かった。

★★★ Excellent!!!

手、手、手、手、手、手、手、手。
まずこの小説の『手』という文字だけでホラーを感じられます。
これは読んだ人にしかわかりません。
そして、こんな小説は他にはありません。

本編での見所は、主人公がなぜそこまで手首を探し求めるのかを知ったとき、一気に違った見方でこの狂った物語に魅入られることでしょう。

ただのサイコパスではなく、そうなった意味がある、しっかりしたミステリーです。

★★★ Excellent!!!

雪に閉ざされたホテルで手首のない死体が発見された。

顔ではなく『手』で他者を認識する主人公は、手首を持ち去った犯人に親近感を抱き、犯人捜し――という名の手首捜索をはじめるのだが――。

淫靡なほどにこまやかな『手』の表現、ルビで『描く』狂気。

新しい表現の可能性とミステリー的なおもしろさと、ホラー的な恐怖。わずか八話で、とても贅沢な気分をあじわえました。

手首への執着から主人公がたどり着いた犯人とは――。
ぜひ、その目で確かめてください。

★★★ Excellent!!!

とあるホテルで起きた殺人事件。死体には何故か、手首が切断されていた。
犯人は誰なのか。どうして手首を持ち去ったのか。現場に居合わせた主人公は、その謎に挑みます。

しかしこれは、犯人を捕まえたいから、真相を解き明かそうとしているわけではないのです。実は主人公は、異常とも言える手首愛好家。犯人が持ち去った手首は自分のものだ! そんな狂ったような思考の元、犯人を探していくのです。

前代未聞の、手首愛好家による謎解きミステリー。
人殺した犯人よりも、探偵役の主人公の方がよほど狂っていて、手首への執着心は、恐怖すら感じました。

★★★ Excellent!!!

主人公の泊まったホテルで起きた殺人事件。遺体の左手からは、手首から先が切り取られていた。

この猟奇的な事件の真相を主人公が紐解いていくのですが、彼は刑事でも探偵でもなく、手首愛好家です。おそらくこの設定が、本作最大の特徴でしょう。
世の中には手首フェチな人だっています。ですが彼の手首に対する執着は、とてもそんなものではありません。もはや狂気と言っていいでしょう。
ですがそれがどれ程凄いかは、残念ながらここでお伝えする事はできません。ですが誰もが驚くような、恐ろしいまでの表現でそれを伝えていると言うのは、自信を持って断言できます。

こんな表現があったのか。彼の手首に対する執着に、読む人は必ず引きずり込まれることでしょう。

★★★ Excellent!!!

まだ完結されていないのですが、感想を書きたい気持ちを抑えられなかった……!

楽しい作品を書かれる方のようで、他の作品も読んでみたいと思えるような一冊になりました。

まず文体に小説という感じがしない、これが好感でどんどん読み進めました。ラノベとか携帯小説とかそういうわけでもなく、主人公の頭の中を切り取って貼り付けている感じ。

それがまた狂気的で物語の雰囲気をしっかり作っていますね。だからこそ織り混ぜられたほんわかなシーンが、より一層引き立ってます。

6話まで読みましたが、これからどう帰結するのかさっぱり読めません笑
楽しみです。

★★★ Excellent!!!

手首のない死体。持ち去った犯人(というより持ち去られた手)を探す主人公……斬新な設定にたちまち夢中になること間違いなし!

ポイントはまだまだありますよ。

まずは「ルビ効果」。
ルビによる心情表現が見事です。ギャグと狂気スレスレの行動も相まって、ミステリーにとどまらない面白さを発揮してくれます。

そしてもうひとつは、皆さん仰るように「手の表現」。
主人公にとっては手が顔のようなもの。しかしそこには隠された過去があったのです。それを知ると、主人公がますます好きになります。

果たして手首は見つかるのか? 犯人は? 主人公の運命は?

先が気になって仕方がないストーリーです。ミステリーに興味が無かった人も、ぜひご一読を!

******
〜完結後追記〜

主人公が抱える問題と現行の事件が絡み合い、解決へと繋がります。
鮮やかな推理を楽しむだけでなく、彼がどのような経緯で手首に執着するに至ったか、遠い存在ではなく身近な問題として感じて頂くのも、ひとつの読み方かと思います。

トラウマによって歪められてしまったが、彼にとって手首は希望でもある。その呪縛を糧に、真実の愛に辿ける日を祈っています。

ミステリに限定せず、人物像を楽しめるドラマチックな作品でした。
表現技法含め、たくさんの驚きを体感して欲しいです。

★★★ Excellent!!!

あなたはどんな手をしていますか?

ー血管の浮いた男らしい手。

ー指が細くしなやかな、女性らしい手。

ー少し短い子供っぽい手。


「彼」は見ていますよ。そして、こういうでしょう。

「俺の手首、返してもらおうか。」



文章力はさることながら、言葉に対する行間や間の使い方が秀逸です。臨場感、そして男の狂気が病みつきになります。


ただ、こうしてレビューを書いている私の手は、「彼」に見られていないといいのですが…もちろん、この小説を見ながら、画面をスクロールさせているあなたの手もですよ。

★★★ Excellent!!!


最後の最後まで油断するなよ!坂井令和さんの手首探偵!後書きもしっかりチェック!作者の作品にかける思いは後書きで!
紹介文の人たちは本編には登場しません。


前代未聞手首ミステリー堂々完結です。謎解き、主人公のいかれ具合、あなたとならいい勝負が出来るでしょうか?試してみませんか?作者が手薬煉ひいて待ってます!ぜひお手合わせを!ただし、手強いですよ・・おすすめです!






手塚鉈の推理は冴え渡るのか?犯人の目星は的を得た推理なのか?ぜひあなたの手・・いや目で確かめて下さいヽ(・∀・)ノ






容疑者の手首を拝見!執拗に手首を追い求める主人公に犯人は姿を現すのか!?今なら間に合う!今なら感想、作者前書読んでも大丈夫です!前代未聞の手首❤ミステリー!オススメですヽ(・∀・)ノ






混迷を深める事件と深まる主人公の闇。主人公はどうこれから事件の真相・・深層に迫るのか、とても興味深いです。



坂井令和さんの本領発揮!大望の新作船出ですヽ(・∀・)ノミステリー好きの方もホラー好きの方も読まないと損ですよ!そこの手首の美しい女性もぜひ!