第47話 元夫同士の食卓

お、窮屈な猫から……李仁に乗り移ったぞ!

ふぅ。


目の前には湊音、スケキヨと美味しいご飯。スケキヨは俺が抜けて大きなあくびをする。



「さぁ、食べよう。久しぶりにお酒も飲みたいでしょ?」

「ああ……て、李仁って地声結構低いな」

李仁は、いろんな声を出してみた。それをみて湊音は笑う。


「ふふっ。普段高い声しか聞いたことないでしょ?その低い声がたまらないんだから。」

李仁の大きな手で器用に料理するもんだと並んだ料理を少しずつつまむ。


「はい、ビールどうぞ。」

「ありがとう。」

ビールがグラスに注がれる。湊音と飲むのも久しぶりだ。事故の前だったな。あまり飲めない癖に付き合ってくれてたな。


湊音はまだ笑ってる。何がおかしい。

「李仁はね、お前なんて言わないし。でも見た目は李仁なんだから可笑しくってさ。」

そうか……。


お、この土手煮はいつも湊音と呑んでた居酒屋の土手煮と同じ味。すごい再現率。

「李仁と一度一緒に行ってあの土手煮、食べてもらって家帰ってからあの味再現してくれたんだよ。」

はぁー、すげぇなぁ。ビールが進む。


「さて、何から話すか?湊音。」


彼も少しビールを口に含み、少し笑って

「何がいいかなぁ。……美帆子のことかな。」

美帆子は俺の元妻でもあり、(一人目の夫)湊音の元妻でもある。(二人目の夫)

だからと言って仲が悪いとかは無い。共通の話題が増えたくらいだ。酒が入ると他の人には聞かせられないようなことも話したもんだ。



先日、美帆子は3度目の離婚をし二人目の子供を連れてなぜか湊音の実家に来たのだ。

「戸籍謄本の関係でこっちに来てたらしいんだけどさ、急にくるから……

思わず20年前に美帆子が悠子連れてうちに来た時のこと思い出しちゃったよ。」


「あー、俺と離婚してから数ヶ月後に湊音の家に行って『悠子この子は湊音さんとの子供です』て言われたあのホラーのやつか。」


「ホラーって。まぁ今じゃ笑い話だよね。もちろん悠子は大島さんとの子だってDNA鑑定で結果出てるし。あのときは、そのリアルすぎたから……時期的にも」


湊音は高校生の時に教育実習生の美帆子に恋をし、誘われるがまま童貞を卒業するものの、裏では美帆子は俺と付き合ってて(どっちかというと俺が表ではないのか?)赤ちゃんできたからとデキ婚したけど、2年後に喧嘩別れしてそのまま離婚して、その足で湊音の実家に乗り込んで駆け落ちして結婚、しかしまた2年で離婚……。悠子を置いて他の男のところへ。

そして五年前に美帆子は結婚したのに再び離婚した。



「もう未練はありませんよ……体の相性はすげぇ良かったけど」

「ハハッ。湊音にとって最初の女だもんな。」

「はい。」

二人して笑う。湊音と美帆子は離婚してからも何度か体の関係がずっと続いていたが、解消した。確かに美帆子はいい体をしている。彼女に堕ちた男はどれだけいるのかとゲスなことを考えてしまう。


それよりも……


「お前には色々苦労をかけたな。」

「そんなことないですよ。悠子と過ごした18年は僕を成長させてくれましたから。」


湊音は美帆子と離婚したと同時に大学を卒業、高校教師になりほぼ男手一つで悠子を育ててきた。

時にヘルパーさんや実家の親、親友の倫典の力も借りて来たが本当に苦労して育てて来たんだよな、お前は。


だからこそ、娘を嫁にやるのは辛く悲しいことなんだろう。しかもこんなに早く。


「今は李仁と結婚したから一人じゃないけどもし結婚してなくて悠子と二人暮らしでいきなり嫁がれたらショックは大きかったと思うよ」

たしかに。


明日は湊音は悠子と一緒に桐生の実家に挨拶に行くのだ。俺は李仁に乗り移り挨拶にいく。相手の親は湊音が同性愛者ということは承知しているがどうだろうな。


「親が性に奔放だから娘もそうなんだろとか言われそうだよなぁ……そりゃ李仁とエッチはするけど、心で愛し合ってることを理解してほしいんだけども……」

「まぁ、なんとかなるだろ。」

「なんとかって……やっぱり不安。」


と、他にも色々話をした。


食事が終わり、洗い物は軽く洗って食洗機に任せてリビングのソファーにスケキヨと一緒にくつろぐ。


ふと横に座る湊音が李仁の肩に頭を乗せた。

「酔っちゃった……」

確かに話をする際にお酒がかなり入ってたぞ。おい、俺が中にいることわかってるよな?!

俺は体を少しずらす。しかし湊音は擦り寄ってくる。おい、おい!!


「李仁ぉー。どおしてくれるの?」

「いや、俺李仁じゃないし。」

「何言ってるの?李仁?」

だめだ!完全に酔っ払ってる!!!しかも服を脱ぎ始めた!ええええ?

「もう僕、限界っ……ここ最近ご無沙汰だったし……」

俺もご無沙汰……って!!ちがーう!!あ、スケキヨ?スケ……寝てる!起きろ!乗り移るぞ!




寝てると乗り移れないのか?



スケキヨーーーー起きてーーーーー

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます