第7話 実験をしよう

 三葉は夜、俺のいる仏壇の部屋に布団を敷き寝ている。



 いつも俺は見ていた。彼女の寝顔を。スケキヨもたまに布団に入って寝てる。羨ましいなぁと見ていたが、何故いきなり今日になってスケキヨに乗り移ることができたのか。


 はて、スケキヨ以外にもできるのだろうか。……三葉にか?三葉に?



 そう、先ほどの俺が乗り移った時のその肉体の魂はどこに問題である。

 もしなにか負担をかけるのであったらやりたくないのだが。スケキヨは今のところ順調である。しかし乗り移った時どうだったかの感想は聞けない。


 だとしたらやはり人間。たまに手を合わせに来る人もいるが、大抵は三葉だけだ。


 彼女は今日、黒のワンピースパジャマを着ている。セクシーだなぁ。ほんと。


 そして……スマホを片手に三葉は布団に入ってるが……。


 なんかふふっと不敵な笑みを浮かべている。なにを見て笑ってるのか?いや、俺が死んでからは暗い顔が多かったが次第に笑顔が増えてきた。泣いてる姿も何度もこの部屋で見ていた。

 三葉には笑顔で過ごして欲しいのだ。だから笑う分には良いのだが、



 なにに対して笑ってる?!



「もう、いやんなっちゃう」

 な、なんだ?いやんなっちゃう?え?なんだ?


 んんんんんんん!!!



 ……よし、実験だ。三葉……に乗り移ろう。

 すまんが、乗り移る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます